ジンギスカン弁当を食べながら、管理人のねこです。

いや~、次回のプロフェッショナルの流儀の出演者は誰だろ?って思い、NHKの番組ホームページを見てたら、めっちゃ気がかりな名前を発見してしまいました!

Sponsored Link

食べるよろこびを、あきらめない
看護師・小山珠美
www.nhk.or.jpより

ほい、それがこちらの小山珠美(こやまたまみ)さん

最近これ系の番組でちらほら見かける看護師の彼女ですね。

 

すっごいやり手の看護師ってことは知ってるが・・・

まぁ、プロフェッショナルの流儀で特集を組まれるってことからわかるように、相当やり手で「すごい看護師」であり、病気でものを自力で食べられない患者さんを、なんとかして食べるようにさせられる天才っていうか、スペシャリストってことみたいですが、わたしも以前別の番組で見かけたことがあるので彼女のことはざっくりとは知っているものの、こういう本格的な特集を見るのは初めてなので、こういう時の人、アツい人、注目の人に目をつけるなんて、さっすがプロフェッショナルの流儀!って思うとともに、めっちゃ放送を楽しみに感じてしまった次第でした。

>小山珠美さんの画像<

ちなみに顔はこんな感じ。

うん、いかにも「ベテランの看護師さん」って感じがするし、なんだか研修医とか新人のお医者さんとかより、むしろ医学的な知識をたくさん持ってそうな感じがプンプンしますが、見た目もちゃんと小奇麗にしてるし、高齢者なんかは「こんな看護師に看護されたい」って思うこと、間違いないんだろうな~♪

Sponsored Link

プロフィール見たけどすっごい勉強熱心みたい・・・汗

あと、NHKのホームページの予告編では、次回小山珠美さんについて扱うことと、彼女がやり手のすごい看護師であることについては触れられてましたが、具体的な経歴学歴についての記載が皆無だったんで、そこんとこ気になるなって思ったわたしは「小山珠美 プロフィール」で、改めて彼女のプロフィールについて検索してみることにしました!

東名厚木病院摂食嚥下療法部課長。看護師、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士。
1978年、国立病院機構熊本医療センター付属看護学校卒業。
1986年、神奈川県立保健福祉大学実践教育センター教員養成課程看護教員コース卒業。
2005年、放送大学大学院文化科学研究科環境システム科学群卒業(学術修士)。
1978年、神奈川県総合リハビリテーション事業団神奈川リハビリテーション病院看護師。
1987年、同事業団厚木看護専門学校看護第一学科専任教員
www.e-hon.ne.jpより

ほい、そしたっけ、「実践で身につく!摂食・嚥下障害へのアプローチ 急性期から「食べたい」を支えるケアと技術」なり、摂食障害の克服や治療に関する本で、この小山珠美さんの著書の紹介ページの著者紹介の部分に、こんな記載を発見!

なるほど、現在は看護師であると同時に病院の摂食嚥下療法部の課長であり、熊本の看護学校を卒業した後も、大学で看護教員の免許をとったりって感じで勉強しまくってきたってことですね・・・汗

看護学校の教員をやってたことがあるって経歴にもびっくりしましたが、ざっと見ただけでもめっちゃ勉強熱心なのがわかるし、最初に卒業した熊本医療センター付属看護学校の他にも、少なくとも2つの大学を出てるってことですから、そりゃ今の彼女もあるよなって思うとともに、きっと人の何倍も努力したり、看護って仕事にアツい思いを持ってる人なんだろうな~って思いました。

数年前から看護師をやってる、うちの妹にも、この次回のプロフェッショナルの流儀の放送を教えなきゃ!って思うとともに、わたし自身も、次回の放送が早く見たいな~って感じてる次第です。