尾野真千子さんの「はじめまして、愛しています。」の放送開始が楽しみな、管理人のねこです。

  • 主演が尾野真千子さん
  • ホームドラマ

ってだけで、わたしにとっては、ハイテンションでの視聴確定って感じなのですが、さっきテレ朝の公式サイトを見てたら、主演が尾野真千子さんであることに匹敵するくらい、嬉しい事実を発見してしまいました!

Sponsored Link

(脚本)
遊川和彦
www.tv-asahi.co.jp

ほい、それがこちらの遊川和彦(ゆかわ かずひこ)さん!

日本で最も有名な脚本家の一人である彼ですね。

わたしは、世代的に遊川和彦さんって言ったら、わたしが中学生くらいの時の彼の作品である、GTOとか魔女の条件、オヤジぃとかってあたりのドラマを思い出すのですが、その後も女王の教室とか家政婦のミタみたいな、大ヒット作品を連発しまくりなので(なんか、こうやって彼の作品を列挙してみると、松嶋菜々子さんが出てるのが異様に多いですね・・。まぁ、たまたまかもしれないし、わたし自身、松嶋菜々子さんのファンで、彼女の作品をチェックしてるからってのも大きいかもしれませんが・・笑)、今の10代20代の若い世代の人たちも、きっと彼の名前はよく知ってると思うのですが、最近彼に関して、かなり残念な噂を耳にするんですよね。

 

一度滑ったら酷評ってのは、ちょっと酷いような・・・

それは、今なお記憶に新しい、NHKの連続テレビ小説、純と愛での彼の脚本に対する酷評です!

「脚本を担当した遊川和彦さんは『女王の教室』や『家政婦のミタ』(ともに日本テレビ系)などのヒット作を手がけましたが、視聴者を不快にさせてドラマに引っ張り込む手法を取るんです。最初から『アンチ朝ドラ』と宣言されていたので心配していたのですが、残念ながら懸念していたとおりになってしまいました」(前出・古崎氏)
「伏線を張るだけ張って回収できなかったことで、今回は全体がひどいものになってしまいましたね」
www.asagei.comより

実際、純と愛の放送が終了して3年以上経つ今、ヤフーで「遊川和彦」で検索しても、「遊川和彦 ひどい」「遊川和彦 最低」「遊川和彦 脚本家 失格」って言うような、かなり手厳しい意見と思われるような検索候補が出てくるんですが、これ何かていうと、よくよく見てみると、要は上記アサ芸の引用にあるように

  • 純と愛の失敗(脚本がちょっと意味不明で受けなかった)→担当した遊川和彦さんがダメだろ・・・

っていうような、ちょっと短絡的っても言えるような意見なんですよね。

たしかに最終回の終わり方は謎だったし、あの時のツイッターのTLでも、みんなからツッコミっていうか疑問の声が多数湧いていたのは印象的です。

なんで、わたしも、あのドラマを楽しみに見てたいち視聴者としては、ちょっとがっかりさせられたものがあったし、純と愛単体で見れば失敗ってことになるっていうのは、確かにそうだと思います。

だがしかし!But however…

  • そもそも百発百中ヒットってことがあるだろうか?

ってのが、すっごく引っかるんですよ。

遊川和彦さんも、偉大な脚本家とはいっても人間なわけだし。

  • 人間誰しも失敗はあるものなんじゃないか?
  • お笑い芸人でも滑ることがある
  • 野球選手の打率も100%ではないetc

等鑑みてわかるように、あのドラマに疑問があるのはわかるが、でもたった1作微妙だっただけで、他の数々の素晴らしい作品のことを忘れ、「脚本家として失格」は言い過ぎだと思うんですよね。

なんで、わたし的には、

  • 純と愛が失敗だったこと
  • それが、脚本の遊川和彦さんにも原因があること(特に脚本が意味不明って思った人多いと思うんで)

ってのは確かにそうだと思いますが、それで遊川和彦先生に対する「ひどい」、「最低」、「脚本家失格」っていうような意見が出てくるっていうのは、ちょっと肯綮に値しないかなって思います。
(なんかこう考えると、信頼って得るのは難しいけど、失うのは簡単ってのは、ほんとその通りだな~って思ってしまいますね。)

だって、あんだけヒット作を書きまくってる脚本家なんですからね。

次回作のこの「はじめまして、愛しています。」にも、めっちゃ期待したいな~♪

Sponsored Link

最近結婚して、姉が女優さんなんだよね

あ、そうそう!

であと、この遊川和彦さんって言ったら、個人的に気になってしょうがないのが、結婚家族に関して!

ちょっと前に彼が結婚したっていうニュースを目にしたんですよね。

Yahoo!ニュース – 「家政婦のミタ」脚本家・遊川和彦さんが20歳下一般人と結婚! (スポーツ報知)
人気脚本家の遊川和彦さん(59)が、20歳年下の一般人の女性と結婚したことが21日、分かった。遊川さんは初婚で、14年間の交際を実らせてのゴールイン。
NAVERまとめより

ほい、でちょいと確認してみたところ、ヤフーニュースの2014年11月21日の記事からの引用で、上記記載を発見!

なるほど、一昨年の末に、一般女性と結婚してたんか。

まぁ、遊川和彦先生がもう60過ぎなんで、20歳年下って言っても、この嫁さんの年齢も40前後なんだろうけど、14年間の交際ってのと、この歳で初婚ってのがすごいなって思いました。

きっとこれまでずっと脚本家一筋でやってきた人だったんでしょうね~。

姉は女優の柳谷ユカ
Wikipediaより

ちなみに、遊川和彦先生夫婦に子供はいなく、家族構成は夫婦のみってことみたいですが、生まれたほうの家族には、姉の柳谷ユカさんが有名人でいるんですよね~。

>遊川和彦さんの姉、柳谷ユカさんの画像<

この顔見てもピンと来ないけど、やっぱ遊川和彦先生のリアル姉ってだけあって、家政婦のミタとか女王の教室って言ったような、彼の代表作にも名前があるんで(って言われてもピンとこない・・・。こりゃ役名をしった上で集中して見ないと、「あ、これが柳谷ユカさんじゃん!」ってはならないかもしれませんね・・笑)今度これらの作品を見るときには、彼女を探してみようって思いました。

いや~、「はじめまして、愛しています。」の放送開始が楽しみだな~♪

>尾野真千子の顔が老けただと!仲良しの真木よう子より顔大きいのかw<

>藤竜也の奥さん芦川いづみの若い頃の画像ww共演映画のタイトルは?<

↑ドラマの出演者にも注目ですよ~!