徹子の部屋を録画しつつ、ひるブラを見るのが最近の固定パターンになりつつある、管理人のねこです。

どっちも捨てがたいんですが、週の終わりにまとめて見ることが多い都合上、平日毎日放送してる徹子の部屋を録画で見たいっていう思いが個人的にあったりするんですが、実は今、来週のゲストを見て、ひるブラの要録画っぷりをめっちゃ感じてるんですよね。

Sponsored Link

なぜか?

あの、古坂大魔王さんがゲスト出演するからです!

>古坂大魔王さんの画像<

上田ちゃんネルでお馴染みの、なかなか独特な雰囲気のお笑いタレントの彼ですね。

一発ドカン!ってくるタイプではないと思うけど、上田さんとかとの掛け合いを見てて、空気読めるな~って感じることが多々あるし、今も独身ってことで有名だったりするけど、わたしは「こりゃ絶対かわいい彼女が常にいるわな」って確信してる次第です。
(持論だけど、芸人って空気読めるからモテると思うんですよね。)

元々はお笑いユニット・底ぬけAIR-LINEとして活動を行っていたが、2003年9月からお笑い活動を休止し、テクノユニット・ノーボトム!の活動に専念。
2008年からは、音楽活動での行き詰まりからお笑い芸人としての活動も本格的に再開。
Wikipediaより

底ぬけAIR-LINEは1992年結成
Wikipediaより

うん、彼の芸歴の長さってどんくらいなんだろ?って気になったんで、ちょいとWikipediaを見てみましたが、2003年~2008年の間のブランクがあるとはいえ、25年近く前から芸人をやってる人で、1992~2003年の11年間と、ピンでの2008年~2016年の8年館もの芸歴があるわけですからね。
(底ぬけAIR-LINEは、途中で一人抜け、3人(トリオ)→2人(コンビ)に変化したりってことがあったらしいけど、結成は92年です。)

なんで、あのベテラン感、安定感にも納得って思うし、彼はもっと売れるべきなんじゃ・・・って気が、個人的にはしてる次第です。

 

古坂大魔王がおもしろくない、つまらないってどういうことよ!

それはそうと、そんな個人的に大好きな芸人さん、お笑いタレントさんである古坂大魔王師匠に対して、リアルでもネットでも、しばしば聞き捨てならんような意見を耳にすることがあるんですが、それがなにかっていうと、「つまらない」「面白くない」っていうもの!

実際、「古坂大魔王」でヤフーで検索してみても、検索キーワード候補の3つ目に「古坂大魔王 つまらない」なんて出てくるし、こないだわたしの友達と彼に対して話してた時も、「あ~、あの人言うほど面白くないよね・・・」みたいな、なんとも手厳しい意見を聞いてしまったわけです。

>古坂大魔王さんのコント動画<

で、「なんて失礼な!」って思いつつ、古坂大魔王さんのコント動画を見てみたわけですが、それを見て、わたし的に思ったのは・・・「たしかにコントはそうでもない!」ってことです。
(上から目線にも取れるコメントで申し訳ないですが。)

「おいおい、あなた古坂大魔王さんを擁護する立場じゃなかったの?」って思うかもしれませんが、わたしが言いたいのは、こういうピン芸人のコントって、基本面白い人がやろうが、そんなに面白くない人がやろうが、こういう感じだよってことなわけです。
(例えば、劇団ひとりさんのピン芸動画とか見ても、こんな感じですよね。)

でも、劇団ひとりさんが面白く無いかっていうと、そうではないと思うし、もっと大きな芸人さんで言うと、例えばドリームマッチとかに出た、ロンブーさんとかダウンタウンさんのコントとかもそうですよ。

ああいうのも、ダダスベリこそしてないものの、普段の彼らのおもしろトークに比べたら、面白さは劣ると思うので。

なんで、わたしの友達や、ネットでのこの古坂大魔王さんに対する「つまらない」って意見は、きっと彼のピン芸に対してのものだと思うんですが、そこだけ見て決めてほしくないなって思うと同時に、例えば上田ちゃんネルでの、上田晋也さん、浜ロンさんや、他のゲストの方たちとの掛け合いなんか見てると、芸人に必要な空気を読むスキル等は非常にある人だと思うので、たしかにわたしも彼のピン芸動画を見て爆笑はしませんでしたが、ピン芸や芸風のみを見て面白くないっていう批判をするのは、ちょっとナンセンスかなって気が個人的にはするなって思います。

Sponsored Link

実家のビフォー・アフター画像が衝撃的w

あ、そうそう!

であと、古坂大魔王さんって言ったら、前にビフォーアフターで、青森の実家のリフォーム前後の様子が公開されてたことがあったのが、すっごく印象的だったんですが、その時の家の外観の豹変っぷりが、なかなかすごいものがあったので、再度見てみたいなって思い、ちょいと画像検索してみました。

>古坂大魔王さんの実家のビフォーアフター画像<

はい、そしたら、実際にリフォームを手がけた本間総合計画さんのサイトで、こんな写真たちを発見!

いやいや、すっごいですね・・。

わたしも、過去に見たことあるんで、こういう感じだってのは知ってましたが、文字通り「昭和の古風な一軒家」→「平成の近代的でおしゃれな一軒家」って感じで、見事にリフォームされてる感があったんで、こういうの見ると、わたしもそのうちおしゃれなマイホームがほしいなって思います。
(まぁ、道は険しいんでしょうが・・・泣)

出身は「佃小学校」らしいので、実家の住所も「青森県青森市佃」かと思われます。
kamikudaki.blog.so-net.ne.jpより

ちなみに、実家は、青森の青森市佃ってとこで、出身が佃小学校ってとこらしいですね。

外観はこんな感じです。

く~、北海道とどっち寒いんだろ・・・。
(雪は、青森のほうが多そうなイメージあるけど)

3歳上の兄は、地元の青森銀行に勤務
弟は東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を修了した行政学者
Wikipediaより

あ、ちなみに、実家つながりで、兄弟構成についても気になったんで、Wikipediaで見つけたこの記載を引用してみたけど、男の3人兄弟のど真ん中だったんですね。

青森銀行勤務の兄は、上田ちゃんネルにもしばしば出演するので、わたしもよく知ってますが、もうひとり、こんな信じられないくらいインテリな弟さんまでいたとは・・・。

この兄弟、絶対賢いに違いない・・・って思うとともに、お笑いもやっぱ相当頭使う仕事なんだろうな~って、改めて感じた次第でした。

や~、次回のひるブラが楽しみですわ~。