管理人のねこです。

今日職場の昼休みに、同僚からいきなりクイズを出されて挑戦したんですが、その答えを聞いて、かなり悔しい思いをしたんで、シェアしたいと思います。

Sponsored Link

問題&わたしの思考はこちら

  • 「T=1, D=1, H=2です。では、K=いくつ?」

ほい、でさっそくその問題ですが、こちら。

で、わたしはこれをどう考えたかっていうと、素直にアルファベットの見てくれで判断して、「各々のアルファベットを2次元の平面図形ってみなした時の、対称の軸の数」って考えたわけです。

  • Tだと、縦棒に重なる直線で1本
  • Dだと、ど真ん中に水平な直線で1本
  • Hだと、ど真ん中の水平な横棒に重なる直線で1本、ど真ん中の水平な横棒の垂直二等分線で1本、の計2本

っていうふうに引けますからね。

なんで、Kだと

  • ど真ん中に水平な直線で1本

ひけるんで、「答えは1!」って答えたわけです。

そうしたらその友人から「ブブー」発言が・・・泣。

Sponsored Link

友人の回答

で、不服なわたしが答えを尋ねてみたところ・・

  • 43

っていう答えが。

完全に「???」なわたしは、当然その理由も尋ねましたが、

  • 「都道府県の数。都(T)は1個。道(D)は1個。府(H)は2個。県(K)は43個だから」

っていう、確かに納得できはするけど、でも理系で数学が好きな脳の人間からしてみれば、「なんだよ、そういう系かよ・・・」っていうような、ちょっと不服な感じの回答に感じました。

 

ねこの感想

あの、言い訳みたいだけど、こうやって「答えが複数考えうる」みたいなクイズって、外すと結構ショックですね。

どういうことかっていうと、例えば高校の数列の簡単な問題で

  • 1,3,5,7,□
    □を予測せよ

みたいな問題がありますが、これも

  • 99%以上の人が回答するであろう、「素直に奇数列」っていう予想による9

も正解であれば、

  • 残りのわずかなひねくれ者が計算するであろう、「n^4-10n^3+35n^2-48n+23っていう一般項」っていう予想による33(この4次式は、一例ですが)

も正解になるわけです。

なんで、この問題(今日の都道府県の)もいいんだけど 製作者には、「いや、これは対称の軸の本数って取っても筋が通るんで、1っていう答えもOKにしとかないと・・・」っていう配慮があってほしいって、わたしなんかは思うんだけど、これってわがままなのかな・・・?笑