やばいやばい!

アナザースカイのホームページを見て、次週のゲストをチェックしてたら、まためっちゃ「お!」ってなるような人を、発見してしまいました!

Sponsored Link

NEXT GUEST
小山薫堂
www.ntv.co.jpより

ほい、それがこちら!

あの、「ザ・世界をまたにかけるスーパー作家」って感じの彼、小山薫堂(こやま くんどう)さんなのです!

アカデミー賞の受賞は有名すぎるし、近頃じゃ作家としての活動だけでなく、大学教授や料亭の経営なんかもはじめ、多方面で活躍しまくってるんで、メディアに出る機会も増えてきてる気がしますが、そんな彼を押さえるなんて、さっすがアナザースカイ!って関心するとともに、次回の放送は絶対要チェックだなって感じた次第であります。

 

妻がいる印象じゃないが、独身・・・?事務所の名前も気になる

さて、そうなると、わたし的にこの小山薫堂先生に関して気になるのが、結婚についてです!

あんまり、結婚してる印象じゃないけど、でも、容姿や職業、地位的に考えて、逆にこの年令で独身だったら奇跡!って気すらするし、それに、著名な作家で、アカデミー賞の受賞経験があるからって、必ずしも芸能人や有名人の奥さんをもらうとは限りませんからね。

なんできっと、そのへんの一般人と大昔に結婚したとか、そういうことなんだろうな~なんて思いつつも、ちょいと「小山薫堂 結婚」で検索してみました。

放送作家で有名な小山薫堂さんは、結婚しているのでしょうか?
元NHKアナウンサー・草野満代さんとの交際が報じられたときは「不倫」という表現
だったので、その時点で小山氏は結婚していたことになりますね。
お子さんもいらっしゃるそうです。
ヤフー知恵袋より

はい、でWikipediaや2ちゃんはもちろん、ヤフー知恵袋等もかなり隅々まで見てところ

  • 既婚者
  • 子供もいる
  • 草野満代さんとも交際経験あり(現在も破局してない模様)

ってことが判明。

「あ、そうだ、あの草野満代アナと噂になってるのが、この人だったんだ・・」って思い出すとともに、あんな美人アナと交際できるとか、さっすが職業も地位も超一流の男性だな~って、改めて彼の凄さを思い知ったような気がしました。

ただの著名人、高年収者、経営者ってだけじゃ、あんな美人と付き合えないと思うし、きっとそこにプラスアルファの何かがある人なんでしょうね~♪(うらやま)

草野満代が結婚へ一歩踏み出した。
5年間も不倫関係にある放送作家の小山薫堂が準備を進めているのだ。
nonononsuke.blog.so-net.ne.jpより

ちなみに、今の奥さんとの離婚とか、草野満代アナとの再婚とかの可能性ってないのかな~?なんて思いつつ、ちょいと検索してみたら、2013年時点でのこんな記載が。

その後、結婚相手の奥さんとの離婚も、草野満代アナとの破局もしてないようなので、関係としては停滞してるってことなんだろうけど、草野満代アナが少しかわいそう・・・って思うとともに、小山薫堂さん、ほんとモテモテだな~っても思いました。

きっと元々結婚してた奥さんも、相当な美人なんでしょうね~♪

株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長 兼 N35 inc代表
東北芸術工科大学教授
株式会社下鴨茶寮代表取締役社長
Wikipediaより

あ、そうそう!

であと、小山薫堂さんのことを書いてたら、ふと思い出したのが、彼の事務所です!

彼の経営する作家事務所もなかなか有名ですもんね。
(わたしの友達でも、「小山薫堂さんの事務所で働きたいから応募したい!」ねんて冗談交じりに言う女性がいるくらい)

なんで、ちょいとその名前を確認したいな~って思ってたところに、先のWikipediaの記載を見つけたわけですが、見て「あ、そうだ、作家事務所のN35 incだ!」って思い出しました。

>小山薫堂さんの作家事務所N35 incの公式ホームページ<

うわ~、さすがにおしゃれ!
(ちなみに、住所の詳細は不明ですが、東京の北緯35度ってところから、事務所名が来てるそうです)

わたしのような低学歴は、きっとどうひっくり返っても、こんなところじゃ働けないんだろうな~。

いや~、それにしても、

  • 作家事務所のN35 inc
  • 株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ
  • 株式会社下鴨茶寮

っていう3つのトップを務めながら、東北芸術工科大学の教授までやってるんですから、ほんとすっごいビジネスパーソンだな~って、改めて感じてしまいました。

く~、こんな人の弟子入りしてみたいものですな~(ガチ)。

Sponsored Link

京都の下鴨茶寮ってカフェ?

あ、そういや、さっき、彼の経歴で、複数の会社や事務所の経営や、大学教授をしてるってのを確認したときに、わたし的に、結構気になるような記載があったんですよね。

それが何かっていうと、「株式会社下鴨茶寮」について!

彼が、飲食店の類に経営にまで乗り出してるっていうのはわたしも知ってたし、この会社名的に、きっとこれがその飲食店なんだろうけど、どういうジャンルの飲食店なのか、ちょっと不明ですからね。

「茶」って文字は入ってるあたりからして、「茶屋」(和菓子のような甘いものやコーヒーなぞ飲める「和風カフェ」的なお店)って感じがするけど、実際どうなんだろう?って思い、ちょいと「下鴨茶寮」で検索してみました。

事業内容 茶懐石・京料理・京懐石・高級食品加工・高級贈答品
www.shimogamosaryo.co.jpより

ほい、そしたっけ、下鴨茶寮本家のホームページに、こんなんを発見!

なるほど、名前がかなり難しいけど、コンセプト的には「お茶を使った高級感ある京料理、京懐石料理」って感じなんですね。

>実際の料理はこんな感じ<

住所 京都市左京区下鴨宮河町62
www.shimogamosaryo.co.jpより

うわ~、住所的にも比較的アクセスしやすいし、こりゃ今度京都に行ったら、おさいふと相談しつつ、ガチでこの下鴨茶寮を訪れてみたくなりました!

いや~、次回のアナザースカイが楽しみです!