管理人のねこです。

わたしの周りでは、現在空前の「シンゴジラブーム」が巻き起こっており、友達も家族も、みんな口をそろえて「見てきたよ~」からの「よかったわ~」ってくるんで、今回は、ゴジラファンのみならず、ほんとに成功して、経済効果とかも目に見えて現れる感じなんだろうけど、ちょっと気になることがあるんですよね。

Sponsored Link

それは、ズバリ・・・海外の外国人視聴者の反応!

なんでも聞いた話によると「ゴジラ」よりも「日本(そのものや国柄)」にスポットライトを当ててる点が強く、その点で、一部の海外のゴジラファンにかなり酷評を貰ってるとかで・・・。

めっちゃ気になるんで、生の声(を翻訳したもの)を見てみました。
(※以下、軽くですが、ネタバレがあるので、見たくない人は注意してください。)

良い意見

  • ゴジラの絵が綺麗
  • CGがリアル
  • ストーリーや登場人物がわかりやすい (後半はとんとん拍子に進むらしいです)
    reddit.com、yaraon-blog.comより

悪い意見

  • 会議室シーンが多い(前半)
  • 「アメリカへの恨み」とかどうでもいい
  • 字幕が邪魔
  • 石原さとみさんの英語がちょっと・・・
    reddit.com、yaraon-blog.comより

ほい、でちょいと海外のサイトや、それを翻訳したサイトにおける、外国人の反応を見てみて、気になる意見をまとめてみたけど、総括すると、「若干「否」が多い賛否両論」って感じでしょうか。

確かに、日本での爆発的な人気に比べると、かなり評判が悪いなって印象でした。

ストーリーがシンプルなんで、日本語にそこまで強くなくても見れるところとか、あとCG(映像)がめっちゃ綺麗でリアルってところは褒められてたけど、ストーリー的に問題があるってことですか、なるほど。

Sponsored Link

「日本日本」しすぎた感じみたいだね

ただ、悪かった点として挙げられてるように、日本の政治体制とか、「日本人の立場としての日本の描写」が、特に評価が悪いみたいです。

前半は、「ゴジラが現れた!」→「会議室シーンでの会議メイン」って感じなのですが、そこがガイジンさんたち的には、非常にウケが悪かったんだろな~ってのと、あと日本人目線で「アメリカへの恨み」を描写したシーンも、ガイジン的には「???」な感じだったみたいですね。
(わたしもアメリカ人の友達はいるけど、でも「原爆落とされた」みたいな思いもあるので、そこは当事者にしかわからないのかな~って気がしました。)

石原さとみさんの英語に関しては・・・、わたしはノーコメントです。

こないだのイーオンのCMとか見る限り、これも日本人目線だと、かなり上手な気がするけど、外人的にはそういうふうに思う意図もいるんですね~。

ちょっとこれは残念だったかも・・。
(あ、ノーコメントって言いながら、コメントしちゃたよ・・笑)

 

ねこの感想

まず、英語の評判は今回は悪いみたいだったけど、個人的に大好きな石原さとみさんが出てるって知ったら、ますます見逃せないなって思いました。

そして、ストーリー面で「ゴジラ」より「日本」を全面に押し出したってのは、ゴジラシリーズとしては画期的だし(どっか、踊る大捜査線のような、日本の名作に触発された感がありますよね)、日本人目線では面白い作品だってことは間違えないと思うけど、国際的な視点に経つなら、ちょっと日本人本位な感じの作品になったって評価も、与えられてしかるべきってとこなんだろうな~。

ただ、わたしは日本人だし、そういう「会議室シーン」みたいな「日本人くさいシーン」は、やっぱ好きなんで、いいと思います。

もしまた今度ゴジラに続編が出るなら、この「日本人が好きな、日本人くさいシーン」を、外国人ファン、視聴者に対して、どうアピーつするのかっていうところを工夫すれば、最高なんでしょうね♪
(まぁ、そこが難しいところだろうし、わたしもそうは言っても、具体的にどうすれば、文化や立場の違う彼らにそれを理解してもらえるかは不明な感じですが・・・。)