管理人のねこです。

さっき、「無限の住人」なる映画が、キムタクさん主演で来年公開されるってことを知ったんですが、

  • どんな映画なんだろ?
  • キムタクさん以外にどんな人が出演するんだろ?

ってあたりが、めっちゃ気になったんで、ちょいと確認してみることにしました。

Sponsored Link

結構復讐チックな内容なんだね(゜o゜;

作品紹介(あらすじ)

「剣道とは勝つことへの道」を標榜する剣客集団・逸刀流。彼らに両親の命を奪われた少女・凛は仇討ちを遂げるため、不死の肉体を持つ男・万次に用心棒を依頼する。

万次と凛が出会う数年前。「百人斬り」万次は、八百比丘尼によって与えられた不死の肉体を持て余しながら、気の触れた妹・町と生活していた。しかし、序仁魚仏の命を奪ったことから「新鮮組」四道菱安の恨みを買い、妹を拉致されてしまう。自分の不甲斐なさから目の前で妹の命を奪われた万次は、その場で新鮮組を壊滅させ、「悪党を千人斬る」ことを誓う。
sakuhindb.comより

>もっと事細かなあらすじやネタバレはこちら<
(かなり詳しいので注意)

ほい、でさっそく原作のざっくりとしたあらすじのネタバレを見てみましたが、なるほどな~。

ちょっと時代劇チックっていうか、武士道チックっていうか、アニメで言うとるろうに剣心が入ってて、そこにちょっと「復讐チック」な感じが加わったイメージってことですか。

  • 不死の剣士の存在
  • 16歳の少女が仇討ちをしようとすること

ってあたりは、今のこの世の中から考えて、ちょっと非現実的(不死身人間の存在は、今に限らず非現実的ですが笑)って感じはするけど、でもこういう「復讐」が根底にあるアニメやドラマってヒットしやすいですからね。
(ドロドロした昼ドラが人気あるのと同じで、こういう、現実には好ましくない展開を、我々はハラハラしながら見てしまう部分があると思うので・・。)

それに加えて、主演が天下のキムタクさんって来たら、こりゃまたヒットしちゃう事間違いないんだろうな~って思いますわ。

良いレビュー

  • ストーリーがわかりやすく引き込まれる
  • 画力がある
  • この作品の良い所は絵で見せる剣技の数々
  • リアル風剣戟アクションで、泥試合や必死感もあって面白い。
    終盤は、深み・アクション・ストーリーが盛り上がり、伏線の回収で面白みが増しました
    sakuhindb.comより

悪いレビュー

  • 凜と卍の恋愛話と思って読んでると肩透かしを食らいます
  • 違和感が強い
  • 不死実験の辺りは、正直言ってあんまり…永遠と人体実験されてる万次を見てもあまり面白くありませんでした
    sakuhindb.comより

ほい、ちなみに、今回の映画の公開はまだなんで、原作(漫画版)を見た人の感想もザーッと見てみたけど、やっぱストーリーに関する評価は抜群で、「どんどん引き込まれ、一気に読んでしまった」って人が多いようなので、その意味では期待していいかなと。
(一方で、不死実験のあたりや、凜と卍の関係については、多少の違和感を感じたっていう意見もあるようですが。)

あと、この原作の無限の住人は、

  • 「絵でアクション(剣術)」を見事に表現する

っていうのが、大きな魅力の一つだったようなので、このクオリティを「映画」っていう実写のものに変化して、保てるのかな~ってのも、ひとつ見どころだなって思いました。

Sponsored Link

ちょ・・・豪華キャスト過ぎるね笑

天津影久役 … 福士蒼汰
浅野凛役 … 杉崎花
尸良役 … 市原隼人
凶戴斗役 … 満島真之介
役不明 … 市川海老蔵
manga-ground.comより

あ、そうそう!

であと、個人的に、さっきのヤフーニュースに、キムタクさん以外の出演者情報も気になるなって思ったんで、ちょいと確認してみたけど、いや~、もう確定してたんですね。

まぁ、ゴールデンウィーク中のロードショーなんで、ある意味当然っちゃ当然な部分もあるけど、それにしても豪華キャスト!

福士蒼汰さん、市原隼人さんってあたりは、好きな人が多いだろうし、それに個人的には凛役が杉崎花さんなのが気になるかな~。

>杉崎花さんの画像<

かわいいだけじゃなく、演技にも定評がありますからね~♪

 

ねこの感想

いや~、楽しみだ。

来年のゴールデンウィーク中は、この映画の視聴が確定だし、普段は漫画を読まないわたしも、こりゃチェックしたほうがいいかな~って気がするんで、近々まんが喫茶にでも行ってみようって思いました。
(買いなさいってツッコミはなしでお願いします笑)