管理人のねこです。

今、怒り新党を見てて、「共感性羞恥」なる、珍しい感情を知ったんですが、こんなん初耳だし、全然共感できなかったんですよね・・・。

Sponsored Link

え、ドッキリ見れないとか、きついじゃん・・・

「共感性羞恥」って聞いてもピンと来ないので、番組の中で言われてた表現で言うと

  • あ、この人これから恥をかく・・・って思ったら、その先を見れない(ドラマとか)

ってことらしいけど、わたしはこれに該当しないから、まったくわからん・・・。

ほんとに、日本語を聞いても「え、どういうこと?」状態でした笑

ただ、世の中に、これに共感できた人は必ずいるはずなので、ちょいと世論(ツイッターですが笑)を確認してみました。

ほい、そしたっけ、意外にめっちゃ「共感した!」って意見が多くてびっくり!

いや~、わたし、当事者じゃないんで全然わからないけど、具体例を言うと

  • 学園ドラマとかで誰かがいじめられる
  • ドッキリ番組とかで、誰かが恥をかかされる
  • バラエティとかで、恥ずかしい仮装とか衣装とか着てる姿

こういう、要は「その人」(我々視聴者じゃなくて別の人)が恥ずかしいようなシーンを見ることができないってのが、この共感性羞恥だそうです。

わたしはこれじゃないし、わたしの知る限り、わたしの周りにもこういう人っていない気がするんで、全然この感情がわからんけど、でも、

  • なんで他人の恥ずかしいが自分の恥ずかしいになるの?

っていう、理由原因の部分が、すっごく気になったんで、ちょいと「共感性羞恥」っていう今知ったばかりの言葉を使って確認してみることにしました。

Sponsored Link

「同類と思われる」なんて思うんだ・・・

桑村(2010)は,観察者羞恥の喚起理由には「同類と思われる」「イメージ低下」「見てはいけないものを見てしまった」等,複数の理由があることを示したが,羞恥場面との関係は不明確であった。また,桑村(2009)は,観察者羞恥場面における観察者と行為者との心理的距離が近くなるほど,羞恥が喚起されやすいことを示した。
www.myschedule.jpより

ほい、そしたっけ、過去の心理学者の学会における、上記発言を発見!

実はまだ、明確に100%は解明されてないそうだけど、

  • 「同類と思われる」
  • 「イメージ低下」
  • 「見てはいけないものを見てしまった」

こういう心理が働くからってことなんですね、なるほど。

どうだろ、わたしも「自分さえ恥ずかしくなければそれで良い」とは思わないけど、自分の恥と他人の恥ってのは、きっと別物だと思うので、「そういう人もいるんだな~」っては思うけど、やっぱ共感はできないなって感じました。

 

ねこの感想

わたしのように、「そうでない人間(非共感性羞恥)」からすると、「それって、恥ずかしいのポイントがずれてるんじゃ・・・」って気もするけど、そういう人もいるんですね~。

ただ、ドッキリって、確かに人を貶めるようなところがあるんで、あんまり褒められたジャンルではないと思いますが、ただ、ああいうのを見れないってなると、バラエティとか好きな立場からすると、「もったいないな~」って気もする気がしました。