復活のF管理人のねこです。

 

さっき、ドラゴンボールの

  • 復活のF

の、3回目を見終わりました。

 

我ながら「見すぎだろ」って気はすごくするんだけど、やっぱリアルタイム世代で、特に思い入れの強い作品なんで、何回も見たくなっちゃいますわ

 

Sponsored Link

強さ、戦闘力の設定に厳しいものが・・・

  • いちドラゴンボールファン

として、作品に感動しながら、
それでもやはり、ドラゴンボールの
定番というかつきものである

  • 明らかにおかしい点、矛盾点

を感じてしまいました。

 

鳥山明先生の揚げ足は
取りたくないんですが、
やっぱ気になるのは

  • 強さ、戦闘力

に関して!

 

明らかに強さの設定が
おかしなことになってる人が
数名いますね。

 

復活のFで、特に強さがおかしいと感じた人

  • 悟飯(いくらなんでも弱すぎる)
  • ピッコロ(いくらなんでも弱すぎる)
  • 亀仙人(いくらなんでも強すぎる)

この3人はおかしいです。

 

どう考えても。

 

もちろん、どこのシーンのことを
言ってるかっていうと

  • 中盤の、フリーザ軍とゼット戦士の戦闘シーン

です。

 

悟飯もピッコロも
天津飯とかと同列に一律

  • 悟空側(ゼット戦士)の弱い見方キャラ

になり下がった感じで
描かれてるんですよね~。

 


画像出典元:http://livedoor.blogimg.jp/paruparu94/imgs/d/7/d7798e2e-s.jpg

 

  • ジャコは、今回初登場で、戦闘力・強さに関しては妥当という解釈が可能
  • 天津飯も、ちょっと弱体化してる印象はあったけど、でも、あれくらいの戦闘力・強さで妥という解釈が可能

そう考えると、この2人に関しては
まだわかります。

 

でも、

  • 悟飯
  • ピッコロ
  • 亀仙人

の3人は、そういうふうに

  • もし~ってことなら・・・

って都合の良い仮定をしても
強さに関して納得できる気が
正直しませんでした。

 

しかもこれ、設定的に

  • セルどころか、魔人ブウさえも倒した後

ですからね。

 

  • 悟飯はいわゆるアルティメット悟飯

なわけだし、

  • ピッコロも神コロ様になって、初期のスーパサイヤ人とかよりかは全然強い存在

なわけです。

 

ゴールデンフリーザじゃない
オリジナルのナメック星時代の
フリーザなんて、

  • ワンパン

いや

  • ワンデコピン

くらいで倒せるくらい
本来強いわけですよ。

 

復活のF
画像出典元:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6f/d2/223289004535dacb56c5342e0bacfc3e.jpg

 

彼らがなぜ、フリーザの手下の
雑魚どもを片付けるのに
時間がかかったのか?

 

それは、

  • あの戦闘シーンをある程度見せることで、演出したかったから

ってのが本当の答えになって
くるとは思うけどだとしても
ファンであれば、多くの人は

  • ピッコロと悟飯、弱すぎないか?

って思ったはずです。

 

加えて、フリーザが
最初のほうのシーンで

  • 「フリーザ軍も弱体しましたね~」

なんてぼやいてますからね。

 

フリーザ
画像出典元:http://news.walkerplus.com/article/54954/301770_615.jpg

 

原作のザーボンさんとか
ドドリアさんとかと一緒にいた
フリーザ軍の雑魚兵士は、

戦闘力3000程度のナメック星人が
いれば、もう戦えないくらいの
弱さって設定なので、
このことから考えて、

復活のFの中盤の戦闘シーンで
ゴロゴロいるフリーザ軍の雑魚の
戦闘力・強さが、大幅に
強化されたってことは考えにくいです。

 

したがって、彼らの戦闘力について
作品中では言及されてませんが、
ナメック星にいたフリーザの手下と
せいぜい同等の、1000~3000くらい
と推測できるわけです。

 

だが一方、繰り返しますが、

  • 悟飯は、超サイヤ人3の悟空や、魔人ブウより強いはずの「アルティメット悟飯」になった後のはず
    (つまり、本来オリジナルフリーザはもちろん、セルとかでも全然相手にならないくらい、この時点で強いはず)
  • ピッコロも、この時期は既に「神コロ様」であり、少なくともオリジナルフリーザよりは何百倍も強いはず

なわけです。

う~ん、やっぱさすがに無理があるかな~。

Sponsored Link

亀仙人は、界王様のもとで修行したら、このくらいの強さになるかもね♪

ただ、強いものは、手加減できるし、
事実フリーザも

  • 悟飯が自分の部下の息の根を止めないように手加減した

みたいな発言をしてるので、
彼ら(悟飯やピッコロ)が、
フリーザの手下の雑魚相手に
すぐに一掃できなかったことは
100歩譲れば説明できるかもしれません。

 

ただ・・・最大の問題は亀仙人

 

亀仙人の戦闘力は、
公式の値で139なわけです。

 

亀仙人
画像出典元:http://file.dragonball.animech.net/b4d9193c.jpeg

 

その数字からもわかるように、
ピッコロ大魔王(若返った初代のやつ)
の公式戦闘力が260で、亀仙人は
あのレベルになると、もう全然
太刀打ち出来ません。

 

  • 魔封波

のような、ちょっと邪道な手を
使わないと、まともに勝負できない
はずなのに、最低でも戦闘力1000くらいは
あるであろう、フリーザの手下どもを
なぎ倒すなぎ倒すで・・・。

 

途中やられるシーンもあるけど、
初代ピッコロ大魔王よりは
遥かに強いであろう、フリーザ軍の
手下の攻撃を、彼が本来一撃でも
耐えられるってのは、ちょっと・・・
なわけです。

 

これには管理人も、

  • いやいやいやいや、じっちゃん強すぎ!!!

って、リアクション芸人も
顔負けなリアクションを
取りたくなったほどでした。

 

出川哲郎
画像出典元:http://bokunolog.com/wp-content/uploads/2015/07/120.jpg

 

こんな感じで。

 

鳥山先生、きっと亀仙人に
見せどころを与えたかったんだろうな~。

 

まぁ、ぶっちゃけ、逆に
かっこよくて見なおした部分は
ありましたが、原作っていうか、
そもそもの、

  • 我々の知ってるドラゴンボールの設定

からだと、この点も
相当無理を感じました。

 

 

世論を見てみてもやっぱ

  • 亀仙人強すぎ

一色って感じだし、
いくらフリーザ軍が
弱体化したとはいえ
ちょっとじっちゃん
パワーアップしすぎですわ・・・。

 

 

仮に彼が、界王様のところに行って、三年くらい修行すれば、戦闘力5000とかになるだろうから筋は通るんだろうけど・・・って感じです。

 

 

ねこの感想

あのフリーザ軍の雑魚兵士の戦闘力を、
1000~3000と仮定すると、今回の

  • 「戦闘シーンのみ」

から推察される戦闘力が、

  • 亀仙人が4000~5000くらい
  • 天津飯が10000~1000000くらい
  • ピッコロ10000~1000000くらい
  • 悟飯10000~1000000くらい

って感じでしょうか。

 

うん、かろうじて、許容範囲内なのは
天津飯だけだ・・・笑

 

 

あとはジャコだね。彼に関してはドラゴンボール初登場なので、強さの設定はどうにでもなるからね

 

 

悟飯は手を抜いていたって
可能性はあるけど、その後フリーザに
ワンパンでやられちゃうし・・・って
感じです・・・。

 

 

ただ本作、悟空がその後、
ただの光線銃で瀕死にされる
っていうシーンもあるので、

  • 悟飯が油断していた

って可能性もあるけど、
でもあのシーンは

  • 復活したフリーザの強さ

みたいなものを見せつけるための
ものでしょうから、そういう設定も
無理があるように感じます。

 

 

それにしても、いくら超サイヤ人でない素の状態で不意打ちを食らったとはいえ、ほんと今作での悟飯君の弱体化は図りしれないですね。

 

まぁ、ただ、ああいう雑魚との
戦闘シーンがあることで、
ストーリー的にはみんなに
活躍の場をもたせることが
出来たわけだし

  • フリーザが更に強くなった

てのは、結果的にすっごく
上手く演出されてたと思います。

 

なので、ここには感動するし
そういう

  • 原作の強さとか戦闘力の設定

みたいな細かい事抜きに
見てみると、普通に
亀仙人とかの活躍も
しばらくぶりに見ることができる
素晴らしい作品ですからね。

 

見てて、

  • 修行後のフリーザ、ゴールデンフリーザ
  • 超サイヤ人ゴッドの悟空、ベジータ

ってのが、従来のZの
フリーザ~魔神ブウとかとは
比べ物にならない次元の強さだ
ってことは上手く伝わってきたし
そこは良かったかなって思います。

 

結論、

結果面白くて感動したんで、管理人はやっぱ全然満足です!

 

ドラゴンボールにおける、
こういう戦闘力まわりの
素朴な疑問って、

  • 出てくるけど、気にしちゃいけないこと
  • 気にしてもしょうがないこと

なんだろな~って、
改めて思いました。

 

 

↑復活のFのフリーザの

  • 戦闘力130万発言

に関しては、上記をどうぞ♪