明日のみらいのつくりかたに、あのラグビーの堀江翔太(ほりえ しょうた)選手が登場するっていうことを、ついさっき知った管理人のねこです。

先週の、テニスの土居美咲さんといい、ほんとこの番組は、マイナー目で若くて、これから大活躍する可能性を秘めた人を選ぶのがうまいな~って感じてる次第なのですが、実は彼の名前を見て、わたしはびっくりしてしまいました。

Sponsored Link

なんでかっていうと、去年首に大怪我をしたことで有名だからですね。

2015年7月18日 – フッカー堀江翔太(29=パナソニック)が首のケガから復帰して先発出場
www.nikkansports.comより

怪我をしたのが去年の2月なんで、たった5ヶ月くらいで復帰したことになりますが、さっすががたいがいいだけあって、体も頑丈ですね。

当時は、「大手術」って言葉もちらほら聞いたので、「大事に至らなかった」っていうと、嘘になると思いますが、それでも怪我による休場期間が長引かなくてよかったな~って思ってます。

>堀江翔太選手の画像<

いや~、いいっすね~こういうごつい感じの男前な人も♪

なんて思うとともに、わたし的に彼に関して、もう一点いいなって思うのは、なんて言っても髪型

この、がたいはごついのに、髪質が割とさらさら気味な、黒髪の爽やかな感じの髪型なところって、いい意味でギャップがあると思います。
(女の子っぽい美少年のサッカー男子とかがしてそうな髪型ですよね♪)

ちょっとふわふわしてる感じから、適度に空いてる感もあっておしゃれだし、この「ワイルドな体や顔」+「爽やかな髪型」っていう組み合わせや、それによって生まれ得るギャップには、独特なものを感じてる次第です。

うん、ほんと似合ってるって思いますわ♪

 

英語力ゼロでニュージーランドに行っていた過去があったとは・・・

それはそうと、堀江翔太さんって言ったら、わたし的にもう一点気になるなって思うのが、なんといっても英語力に関して!

彼が、日本人としては初めて、「スーパーラグビー」(ニュージーランドで開催される世界的に有名なリーグ)のメンバーに選出され、しばらく向こうに滞在した経験もあって、今や相当な英語力を身に着けてることはめっちゃ有名ですが、

  • 最初っから英語をペラペラに話せたのか?
  • 話せたとしたら、どんなきっかけがあったのか?
  • 話せなかったとしたら、英語力をどう克服したのか?

ってあたり、めっちゃ気になりますからね。
(特に、ここ数年語学力を身に着けたいって思ってる立場としては)

なんで、そのへんの「秘訣」のようなものを知りたいなって思い、堀江翔太選手が英語を話せるようになったいきさつのようなものを探してみたところ・・・

英語を話せぬまま渡ったニュージーランドで……。
当時、英語はまったく話せなかった。
「行きあたりばったりですよ。
タクシードライバーに、何か話しかけられても『イエス、イエス』と答えてばっかりでしたよ(笑)」
number.bunshun.jpより

こんな記載を見つけて仰天!!!

つまり、全く英語を話せずにニュージーランドに渡り、カタコトにも満たないような英語力で生活する中で身につけたってことになりますが、怖い怖い!

短期の旅行ならともかく、長期的に滞在し、生活するってなると、基本的な日常会話ってどこへ言っても必須だと思うし、そこのスキルなしに、とにかくニュージーランドに行っちゃうってあたり、ほんとにラグビーが好きな証拠でもあるんだろうなって思いました。

きっと、せっかく得たチャンス(ニュージーランドでのプレイ)を無駄にしたくないって思いもあったんでしょうね~♪

まぁ、確かに語学を学ぶなら、その言葉が日常的に話されてる外国で生活するのが一番なんだろうけど、わたしにはここまでの勇気はないな・・・。

その辺が、堀江翔太選手が一流アスリートである証なんだろうけど、いや~、まさか英語力ほぼ0の状態でニュージーランドに渡り、実践のみで身につけたっていうエピソードがあったとは、恐れいりました・・・汗

Sponsored Link

え、中学時代バスケ部だったんかよ・・・笑

いや~、さすがは一流アスリート!

「語学がどうこうとは無視、とにかく第一線で活躍したい!」みたいな意気込みが、さっきの、堀江翔太選手の英語習得エピソードからは伝わってきましたが、きっともっと若い頃から、ラグビーっていうものに対しての意気込みって、そういう感じだったんだろうな~なんて思いつつ、彼の経歴やインタビューを見てたところ・・・

また私の住んでいた大阪府吹田市には中学校にラグビー部がなかったので中学校(南千里中学校)ではバスケ部に入りました。
panasonic.co.jpより

こんな記載を見つけて、さらに仰天!

え、中学時代バスケ部って・・・笑

たしかに中学って選べない部分はあるし、中学校でラグビーがある学校って珍しい気はするけど、それなら学校では帰宅部で、学校外のラグビーチームに所属すればいいのに・・・って気がめっちゃしました。

ちなみに、この南千里中学校のバスケ部は相当強かったらしいですが、堀江翔太選手自身は小5からラグビーをやってるそうです・・・汗

いや~、なんかさっきの英語エピソードといい、中学時代の部活といい、衝撃的だな~。

  • 良く言うと「臨機応変」
  • 悪く言うと「行き当たりばったり」
  • でも、結果的に良い方に転ずる

そういう雰囲気を強く感じますが、結果的に良い方に転じれるっていうのは、彼の実力による部分が大きいと思うし、きっとそれが一流アスリートたるゆえんなんだろうな~っても思いました。