管理人のねこです。

こち亀の終了を知り、そのショックと驚きがまだ継続してる状態ではあるのですが、そこに追い打ちをかけるかのように、ショックな知らせを耳にしてしまいました。

Sponsored Link

昔はよく立ち読みしたものだよこの雑誌

「チャンプロード」11月26日発売号で休刊へ 29年の歴史に幕
ヤフーニュースより

ほい、それがこちらのチャンプロード休刊のニュース!

若者の車のカスタムとか、なかなか興味深いので、わたしもかつて何度か購入したり立ち読みしたりってことをしたことがあったわけなのですが、このたび11月26日に発売される号を持って、休刊になるっていうじゃないですか!

うわ~、確かに毎回購入してたわけではないんだけど、こち亀にしてもさんまのまんまにしても、スマップにしても、こういう長年愛着を持ちながら見たりしてきたものが終わるってなると(「休刊」なんで再開の可能性も大いにあるでしょうが)、かなり悲しいものがあるな~って思うとともに、いったいなんでそんなことになったの?っていう理由が、すっごく気になるな~って思ったんで、ちょいと詳細を確認してみることにしました。

Sponsored Link

公式に理由は名言してないみたいだけど・・・

こういう雑誌が流行っていた時代があったこと自体、今の若者は信じられないだろうけどね…(笑) 29年間、お疲れ様でした。
まあ、今どきこんなかっこうしてるって、やっぱ「時代遅れ」でしょ。
時代ですねえ
今でも地方では現役だけど
ヤフーニュースより

ほい、そしたっけ、公式には、今後どうなるかってのも含めて、このたびの休刊理由に関する名言は特になし。

ただ、一般人の反応やコメントを見る限り

  • 時代にそぐわない
  • 需要がなくなってきてる

ってことがよくわかったんで、それによる売り上げの低迷って可能性が非常に濃厚なんだろうな~って思いましたわ。

まぁ、内容的に「車を改造する」っていう、世間ではあまり褒められたことではない内容の雑誌なので、一部で「規制なのでは?」っていう声もあるけど、これだけ続いた雑誌ですからね。
(なんだかんだで29年間も創刊されてるらしいですね、この雑誌。)

なんで、そういう理由もあるんだろうけど、おそらく「需要が減ったことによる売り上げの低迷」ってことだと思いますわ。

なお、ヤフーニュースの見出しにもあるように、今回は「廃刊」ではなく「休刊」っていう発表なので、来年再来年、あるいは何年後かに、再び復活する可能性もなきにしもあらずではあるだろうけど、でも今の時代、こういうのに需要がないってなると、出版社側も出したがらないでしょうからね~。

「休刊」という名の「実質廃刊」になる可能性が、かなり濃厚なんだろうな~って思いましたわ。

 

ねこの感想

なんか時代の流れっていうか変化っていうか、「ひとつの節目」みたいのを感じますね、こういうの聞くと。

普段購入してる雑誌ではないんだけど、11月の最終号は、記念に買ってみようかな~なんて思いました。