管理人のねこです。

わたしには現在、来クールスタートのドラマやらアニメやらで、個人的に楽しみなものがわんさかある状態なのですが、さっきめっちゃ微笑ましい写真を発見してしまいました!

Sponsored Link

天使な子役は多いけど・・・

>岩田剛典さん&稲垣来泉さんのツーショット画像<

ほい、それがこちらの岩田剛典さん&稲垣来泉さんのツーショット画像

最近ドラマのクランクインがあり、もうさっそく仲良くなって、こんな写真を撮ってるくらいみたいですが、

  • そういや岩田剛典さん、砂の塔に出るって話題になってたもんな~

なんて思いつつ、やっぱ個人的に「お!」って思ってしまったんが、子役の稲垣来泉(いながき くるみ)さんでしょうか。

最初は、来泉(くるみ)っていう名前の読み方すら知らない感じだったわけですが、とと姉ちゃんのたまき役で、わたしの中でもすっかりおなじみになったし、改めて写真で見てみても、文字通り「天使のように」かわいいですからね。

>稲垣来泉さんの画像<

うん、なんだろ。

もちろん、彼女はわたしの娘ではないのですが、「自分の子供でもないのに、目に入れても痛くないであろう」くらいかわいいですからね。

近頃は「天使」って言葉が、かわいいのより上位の比較級的な意味合いで、日本語で使われることも多く、頻繁にそういう表現を耳にするようになったな~って感じてる次第ですが、本来はこのレベルのかわいさに対して「天使」って使うべきなんだろうな~なんて思ってしまいましたわ。

Sponsored Link

平成23年って、「こないだ」じゃん笑

まだまだどう見ても子供なのに、とと姉ちゃんとかの演技を見てても頼もしいものがあるし、同時に「かわいさだけじゃなくて、子役としての才能もある」ってことを、彼女自身すでに証明してるかなって気がしてるのですが、そうなると気になるのが年齢

まぁ、見た目や身長から言って、まだ小学校に入る前の4~5歳くらいであることは容易に想像がつきますが、それでも正確な生年月日等知りたいなって思ったんで。

なんでちょいと「稲垣来泉」で彼女のプロフィールを検索してみました。

平成23年1月生
www.courage-agency.comより

そしたっけ、さすがにまだ「稲垣来泉」でwikipediaはないようでしたが、「クラージュキッズ」なる、彼女の現在の所属事務所のプロフィールに、上記を発見!

え、え、え、・・・。

平成23年ってことは・・・2011年なので(この計算いつも時間がかかる笑)、時期的にいうと、テレビが地デジに完全移行するちょっと前とかそのくらいに生まれた5歳で、来年の1月で6歳、来年の春に小学校入学する代ってことですか。

うわ~・・・。

いや、確かに見た目そのくらいの年齢なんでわかるけど、こうやって生まれた時期を具体的に見てみると、更に驚かされるものがありますね。

最近っていうか、こないだっていうか・・笑

ちなみに経歴を見てみたら、とと姉ちゃん含め、5作品への出演歴があり、他には闇金ウジシマくんのシーズン3とかにも出てるみたいですね。

いや~、子役もなんだかんだで競争が激しいし、この稲垣来泉さんみたいな「天才子役」的な子が次々と出てきてる現状ではありまっすが、そんな中でも特に期待していい存在なんだろうな~って、改めて感じましたわ。

もっと売れてほしいですね、この子。

姉妹で子役をやってるってのを今知ったよ

あ、そうそう。

で、さっき、「クラージュキッズ」の公式ホームページを見てて、もう一個「お!」ってなったことがあったんですが、それが何かっていうと、「稲垣芽生さん」なる、彼女と同じ苗字の子役の存在について!

>稲垣芽生さんの画像<

顔はこんな感じで、彼女よりも若干お姉さんで、彼女と同様なんともかわいらしい感じの子役になるんですが、

  • もしかしてこの2人、リアル姉妹?

なんて思い、ちょいと確認してみることにしました。

姉妹です。

これから
めいとくるみの日々の出来事や
お仕事の事や
たわいもない事など

更新できたらと思っています。
ameblo.jpより

ほい、そしたっけ、アメブロに「なかよし大冒険」なる、稲垣芽生さん&稲垣来泉さんの名義での公式ブログを発見し、上記自己紹介のような一文も発見!

うわ~、正真正銘の姉妹だったんだ。

どおりでそっくりなわけですよ。

>稲垣芽生さん&稲垣来泉さんのツーショット画像<

例えばこんな画像が満載だったりしますが、やばいぞこれは本格的にかわいいぞ・・・笑

平成19年3月生
www.courage-agency.comより

ちなみに姉の芽生さん(読みはこれで「めい」だそうです)は、19年の3月生まれってことなんで、2007年3月生まれで現在9歳の小4って計算かな。
(4学年違いですもんね。)

いや~、なんだろ、ある意味実写とは思えないような、恐ろしいかわいらしさを感じるとともに、この姉妹の将来が楽しみで仕方がないなっても感じてしまった次第でした。

 

ねこの感想

いや~、こんな5歳と9歳の姉妹がいるんだ。

そりゃ岩田剛典さんも、こんな天使が現場にいたら、にやにやが止まらなくなるよな~って、彼の気持ちを理解するとともに、砂の塔を視聴するのが待ち遠しくなりましたわ。