管理人のねこです。

なんか、資生堂の某CMがかなり炎上してるって聞いたんですが、詳細が気になるな~って思ったんで、ちょいと確認してみました。

Sponsored Link

最近この手のCMが多いからね~

資生堂が新CMを中止 「女性差別」とネットで批判
朝日新聞デジタルより

こちらですね。

商品自体は、化粧品ブランドの「インテグレート」なるものであり、今旬の小松菜奈さんとかが出演してるようなものってことみたいなのですが、内容がかなり独特で、

  • 「25歳の女性」に対し、「今日からあんたは女の子じゃない」

なんてセリフが出てくるような場面があるそうなんですよ。

まぁ、たしかに、女性が人生で一番モテる(っていうかちやほやされる)のは、20~25歳くらいであるって話は耳にするんで、なんとなくCMの意図したいことはわかる気がします。

きっと、25歳の女性に対し、

  • 今日からは、「若さ=かわいさ」でなんとかなる年齢じゃないんだから、化粧品も大人のやつを使いこなさないとね!
  • 「インテグレート」があるよ!

的な。
(↑まだ実際のCM動画を見てないんで、あくまでニュースを見た感じの印象をもとに、憶測で書いてます。)

ただ、そんなん言われたら、実際のこの炎上したCM動画がどんな感じだったのかってのも、すっごく気になるな~って思ったんで、ちょいと確認してみることにしました!

Sponsored Link

この動画内容で、あそこまで叩れるのかよ・・・


※毎日新聞デジタルのYouTube公式アカウント(maidigitv)の動画

ほい、で資生堂の公式ホームページとか、あと、YouTubeの公式アカウントとかを見てみても、該当の動画が見当たらなかったんで、改めて「資生堂 25歳からは女の子じゃない CM動画」とかで検索してみたところ、毎日新聞デジタルの、上記公式動画を発見

なるほど、たしかに

  • 今日からあんたは女の子じゃない

って思いっきり言ってますね笑

ただ、前もって

  • 差別的
  • 批判が多い

って聞いてたんで、もっと酷い感じの中傷のようなイメージしてただけあってか、思ってるほどでもないな~っても思ったってのが、ぶっちゃっけた意見ですね。

おそらく、クレームが殺到したってのは、ほぼこのCMを見た一般女性からのものと推察できますが、女性の敏感さみたいなものを改めて感じた気がします。
(この、「今日からあんたは女の子じゃない」発言、友人のコメントとしては、ちょっと残酷な表現って気もしなくもないけど、でもこのくらいの発言なら日常生活とかでも普通にありそうな気もしますし。)

女性に対して

  • 太った
  • 老けた

ってあたりは禁句だっていうけど、まさにそれですね。

ちなみに、世論(ツイッターですが笑)を見てみた感じも、やっぱわたしと同意見の人が多いようでした。

  • この内容でクレームってどうよ?(別にクレーム出すほどじゃなくない?)

っていう資生堂を擁護する声もあれば、

  • そのくらいで企業が反応しちゃだめだ!

って意見もあり、なるほどな~って思ったけど、でもこういう消費者の声に敏感になるってのは、会社としては非常に重要なことだと思うので。

特に資生堂のような大企業であれば。

資生堂側としては、謝罪を述べるとともに、「制作側の意図が上手く伝わらなかったようで」っていうような旨の弁明もしてるみたいだけど、これは肯綮に値すると思います。

CMの中にもあるけど、要は彼らが言いたかったことって、

  • 25歳を過ぎて、「若さ」だけを武器に、より若い世代の女性と闘うと不利
  • かわいいをアップデートする女を目指しましょう!
  • こんな商品(インテグレート)がありますよ!

的なことだと思うので。

なんで、このCMを見て不愉快に思う女性(特に25~30歳くらいの女性なんてそうでしょうね)の気持ちはなんとなくわかるものの、そんなCM打ち切りってなるくらい批判が殺到しちゃうってのは、資生堂がかわいそうだな~って気もしますわ。

 

ねこの感想

いや~、こういうCMとかテレビ放送でのニュアンスって難しいですね。

特にCMっていうジャンルは、インパクトが大事で、差しさわりない方法で宣伝しても非常に効果が薄いため、こうやって各企業インパクトのあるものを考えてるわけだけど、こういう例があると、資生堂はもちろん、ほかの企業も勝負に出れないっていうか、

  • 面白いCMの案があるけど、こないだの資生堂さんみたいに視聴者にたたかれても困るし・・・

みたいな感じになると思うので。

個人的には、2~3か月前に見た、

  • ポーラの暗いCM(こちら)が、実は実際のポーラの社風とは180度真逆なものであり、CMの内容自体は暗くて理不尽な感じだけど、世間のみんなの共感を勝ち取った

っていうのがすっごく印象的だけど、あれが成功で、このたびのこの資生堂のCMが失敗(一部の世論的に)ってなるんだから、ほんとそのへんって難しいな~って感じた次第でした。