お金が欲しい!!!

なら、人気店に行ってみなさい!

っていう教えがあることを最近知りました。

Sponsored Link

人気店

=繁盛してる

=お金をたくさんもらってる

ってことになるんで、そういうところに行き空気を吸うことが大事なのかな~?みたいな安直な考えをもっていたわけですが、これが実は違うようで、なんでも

  • 人気店のサービスを観察することで、「優れたサービス」を学ぶことができる
  • そして、「優れたサービス」の中には、かならず「秀逸な客目線」(お客さんが気分よくサービスを受けられるための工夫)があるはずである
  • 「秀逸な客目線」を模倣することで、自分自身も優れたサービスを提供できるようになる
  • ってことは、自分のお客さんがどんどん喜ぶようになり、結果としてよりお金をゲットできるようになる

っていうことなんだそうなんですよ。

「真似る」(うまくいってる他者を)ってことは、ビジネスのみならず、何かで結果を出したい時に、最も成長が早く重要な方法であるって話は、普段からよく耳にするけど、こういうこと考え出して主張できる人ってすごいよな~って感心しつつ、管理人もこの「人気店のサービスの観察」をやらなきゃな~って思ってる今日この頃なんですが、実は個人的に目をつけてるお店がありまして・・・。

やっぱなんだかんだで一番好きな食べ物はラーメンなので、「えびそば一幻」かなって思ってるんですが、なかなかいく機会を作れない今日この頃だったりします。

こういうのは、普段の帰宅時とかのついでにやろうとしても、なかなか難しいものがあるので、もう決めました!

来週の日曜、このえびそば一幻のサービスを観察するためだけに、ちょいと町中まで行ってこようと思います!
(ちなみに管理人は、このえびそば一幻は初体験ですが、既に行ったっていう友達の話によると、かなりやばいくらいおいしいらしいです、ここのラーメン!)

飲食店の場合、その人気って、サービス面以外の「味」で決まる部分も大きいと思うので、ちょっとこのえびそば一幻の「店のサービス」がどんな感じなのかってのは想像がつかないですが、そういうのも込みで観察したいんで、あえてレビューサイトは見ずに、行ってくることにします。

冒頭から謎の宣言をしてしまいましたが、今日の本題はここからで、今日なぜブログを書こうって思ったかっていうと、さっき「乳児用液体ミルク」の解禁情報を目にしたんですよ。

 

解禁はいつなんだろうか?

あの、アメリカとかでは前々から有名ではあるけれど、日本ではなかなか取り入れらなかった商品のアレですね。

乳児用の液体ミルク、解禁へ…育児の負担軽減
ヤフーニュースより

さっそくヤフーニュースにもなってたりしますが、このたび日本でも正式に解禁が決定し、それにより育児の負担が大幅に軽減されることが予想されてるって感じになってるみたいです。

まぁ、稀に暇人を目にしますが、基本的に日本人は勤勉で忙しくしてるほうの人種だと思うので、

  • 赤ちゃんへの安全面
  • 健康面

での悪影響等ないってことなのであれば、これはなかなかナイスな決定だよな~なんて思ってます。

で、「液体ミルク解禁決定」っては書いてあるんだけど、具体的な時期が不明だったんで、そこについても確認すべく、「乳児用液体ミルク 解禁 いつ」とかで検索してみたら・・・

政府は2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め、必要なデータなどがそろえば、食品衛生法に関する厚生労働省令など関連規定を改正する方針だ。
www.yomiuri.co.jpより

こんなんを発見!

具体的な日付はまだ未定だけど、来年度以降徐々にってことですか、なるほどね~。

Sponsored Link

安全性も確認されてるなら、便利だしもっと早く市場に出せばいいのに・・・

液体ミルクの良いところって言ったら・・・

  • 調合の手間がいらない

ってのは、素人考えでも十分わかるわけですが、そうなると気になってくるのが

  • 安全性は大丈夫か?
  • 値段が高いんじゃ・・・
  • 日持ち(賞味期限)はするの?

ってあたりの、ネガティブな部分でしょうか。

まぁ、安全性の確認が取れてないものを、たとえ仮の案とはいえ、日本国内でも発売予定ってはしないとは思うけど、やっぱそのあたり気になるよな~って思ったんで、「液体ミルク メリット デメリット」とかで検索してみました!

<メリット>
・水がなくてもOK
・商品によっては哺乳瓶も不要
・常温保存できる
・粉ミルクより安全性に優れている
・調乳の手間がかからない

<デメリット>
・製造コストが高く、価格も必然的に高くなる。
・粉ミルクに比べて、消費期限が短い(6か月と言われる)。
moomii.jp、www.n283.comより

そしたっけ、こんなんを発見!

なるほど、安全性については、むしろ液体ミルクのほうが、従来のミルクより安全なんか!

値段が高いってのと、消費期限が短い(って言っても半年もありゃ十分な気もしますが)ってのは、難点ではあるけれど、

  • 水、哺乳瓶が不要で、調乳の手間なし、かつ、常温保存可能

っていうメリットは、なかなかのものだと思うし、それに加えて従来の粉ミルクみたいな、調乳が必要なものを比べて安全ってことを考えると、こりゃさっさと実用化したほうがいいんじゃ・・・って思ってしまう気がしましたね。
(やっぱ赤ちゃんに飲ませるミルクであるってことを考えた場合、ここを最優先に考えるお母さんとかも多いと思いますし)

災害時には、電気や水道、交通手段もまともに使えない環境になる可能性があります。すると、大人でもノロウイルスなどへの感染者が増えます。そのような状態で、免疫力が弱く体力がない赤ちゃんに衛生的なミルクを与えられなければ、あっという間に赤ちゃんが体調を崩し、病院受診もままならない危険な状態に陥る恐れもあるのです。
moomii.jpより

また、ミルクそのものが安全ってのももちろんあるけど、災害時の対策になるって指摘もあるようです。

たしかに地震とか直撃食らっちゃうと、何日か綺麗な水をゲットできないって事態になるであろうことは容易に想像できるし、そういう中、こういう「頼れるミルク」があるってのは、確実に安心材料になると思うので。

Aptamil 乳児用・液体ミルク 30個セット
価格:24,200円 (2016年10月14日現在)
アマゾンより

ちなみに、ちょいとアマゾンを覗いて、価格を確認してみたけど、確かに高い・・・。

管理人のようなケチな人間には、この「価格の高さ」っていうのは、何かの商品を買おうとしてる場合の、一番のデメリットなわけだけど、でも赤ちゃんの安全を取るか、ちょっとのお金を取るかって言ったら、前者って人が圧倒的に多いでしょうからね。

逆にいうと、「もうちょっとコストさえ減れば、最強なミルク」って言える気がしました。

 

ねこの感想

安全性も確認済み(っていうか、従来のミルクより安全であることが確認済み)で、かつ利便性にもこれだけ優れてるんだから、来年度まで待たずに、今すぐ国内で解禁しちゃえばいいのに~って思うけど、国が決めたことだししゃーないか。

あと、繰り返しになりますが、やっぱ一番の欠点、デメリットは、値段が高すぎるって点だと思うんで、ここを解消してほしいなって気がしますね。

日本国内で正式に解禁されれば、きっといろんなメーカーがこの商品に手を出すはずなので、そこで適度に価格競争が行われて、今提示されてる価格の相場より、大幅に値下げされる可能性もあると思うんで、そこに期待したいなって思ってます。