お金が欲しい!!!

そう思うなら、日々まっすぐ帰宅することが大事であるといいます。

これがなぜだかわかるでしょうか?

Sponsored Link

多くの人は、「仕事」を持ち、一日の一部または多くの時間をそこに割かれてるわけですが、本気で年収を上げたいって思うなら、それ以外の「家に帰ってから使える自由な時間」が非常に基調になるからです。

ここでどれだけ頑張れるかで、その人の未来が変わる(まぁ、やり方にもよるでしょうが)って言っても過言ではないと思うし、多くの人はこの意識が薄いって思うんですよね。

管理人は、職場に地下鉄通勤であり、駅<=>家の往復は徒歩なわけなのですが、いつも夕方の帰宅時に、軽くダッシュしながら家に帰ってこようとすると、この疑問を感じます。

今の時代(っていうかそもそも時代に依らないと思うけど)楽な仕事はないのはわかるし、会社にいけばたくさんの

  • ストレス
  • 理不尽な思い

を、われわれの意志に反して受け取ってかえってくるわけです。

なんで、帰り道はそういうので精一杯な気持ちはわかるけど、でも周りを見てると、駅=>家の帰路で、

  • うなだれながら、ちんたら歩いてるサラリーマン
  • それどう見ても今やらなくていいだろってタイミングなのに、スマホをいじりながらゆっくり歩いてるOL

の方々が多数みられるので、そういうの見ると、すっごくもったいないな~って、個人的には思うんですよね。
(もちろん、そこは本人の「自由な時間」なので、どう使おうが本人の勝手であり、それに対して他人が文句を言う余地はないのですが)

って感じで、また冒頭のフリートークが思ったより白熱してしまいましたが、そんな管理人が最近視聴したのが、テッド2っていう映画であり、なかなか勉強になる面白い作品だよな~って思いながら、視聴をしてたわけなんですが、そこに強烈な印象を与えてくれた美人女優の方がいまして、それが誰かっていうと、アマンダ・サイフリッドさん

あの、クロエって映画で有名な美人女優さんですね♪

彼女が、この作品でも、女弁護士役として出演してるわけなのですが、そのかわいさがもうヤバいんです!

よく、「人形のような女優さん」とかって美人を形容するけど、まさにそれですね。

くりくりの目がかわいい!とともに、この整った顔立ちは、誇張なしに、まるでリアルマネキンのようにすら思えてしまうくらいに感じますが、

  • そういや彼女って結婚してたの?

ってのが、ふと気になったわけです。

女優さんとして、もうなんだかんだで10年以上活躍してる人であり、きっともう年齢的にも30前後になってるかとは思うんですが、結婚してないにしても、彼氏の1人や2人くらいはいそうな感じしかしないし、やっぱ彼女をかわいいって思ういちファンとしては、そのあたり気になるな~って思ったんで、確認してみることにしました!

Sponsored Link

え、先月婚約したばっかとか・・・

で、一応「アマンダセイフライド 彼氏」とかで検索したみたんですが、そうしたっけびっくり!

なんと彼女のwikipediaに、過去に噂になった彼氏との恋愛遍歴的なものが、思いっきり記載されてるではないですか!

『マンマ・ミーア!』で共演したドミニク・クーパーと交際していた。
二人はギリシャで映画『マンマ・ミーア!』の撮影中にデートし始めた。
2010年に「遠距離恋愛に耐えられなかった」との理由で破局している
2010年10月にケイト・ハドソンのハロウィン・パーティで知り合ったライアン・フィリップと交際を始めるが、翌年2011年5月に破局
2012年になってジョシュ・ハートネットとの交際が報道されている
2013年にはジャスティン・ロングとの交際が報じられた
2016年9月、トーマス・サドスキーと交際6ヵ月で婚約
wikipediaより

向こうはこっち(日本)より、そういう「今だれだれと交際してます」的な情報が、割とオープンで、こういう大物たちも、別にそれを隠そうって意識が薄そうな気がしますからね。
(とは言ってもパパラッチなる存在は、海外にいるわけですが)

日本の女優さんとかの場合、結婚すりゃその相手や時期くらい、wikipediaにも載るけど、交際歴とかがこんなにはっきりと記載されてるパターンってのも珍しい気がするんで、そういう意味でいかにも海外の女優さんっぽいな~って思うとともに、その豪華さにびっくりしました。

ちなみに婚約者のトーマス・サドスキーさんってのは、こんな感じで、彼も俳優さんってことみたいですね。

うわ~、イケメン!

ってか、交際半年で彼女と婚約とかうらやましすぎるぞ、おい!

アマンダ・サイフリッドの身長
159 cm
ヤフーより

ちなみに、さっきのツーショット写真を見て、アマンダ・サイフリッドさんって思ったより全然小柄だよな~って思いつつ、彼女の身長を確認してみたら、上記159㎝との記載が!
(「アマンダ・サイフリッド 体重」とかでも検索してみたけど、体重に関しては非公開のようですね。)

ってことは、日本人女性の平均と同じくらいってことだから、やっぱ海外の女優さんとしてはかなり小柄ですね。

体重は非公開だけど、159㎝でこの体型なら、さすがに30㎏台ってことはないにせよ、40㎏台の前半(41~44㎏くらい)なんだろうな~。

 

元モデルさんなんか・・・どおりで・・・

いや~、「婚約(未来系)」であり「結婚した(既成事実)」ではないことから考えて、入籍や式はもうちょっと経ってからってことになるんだろうけど、だとしてもこれはうらやましい!

海外の女優さんにしてはかなり小柄だけど、体も細くてあの顔の美しさですからね。

で、「アマンダ・サイフリッドさんって、ほんと美人だよな~」って思いつつ、彼女の私服画像とかも見てたら、こんな感じでかなりハイセンスであり

  • これ、女優さんだけじゃなく、モデルさんも行けるんじゃない?

的な感じになってるのを発見したわけなのですが、それもそのはずなんですよね。

11歳の時にモデルとしてデビュー。初めての仕事は本の表紙のモデルだった。その頃から、昼ドラマ『ガイディング・ライト』で女優業も始める。
wikipediaより

うん、なんと彼女、元はモデルさんで、有名になるきっかけは、モデルとして本の表紙をつとめたことだって言いますから。

や~、どおりでスタイルも良くて、ファッションセンスもいいわけですよ。

 

ねこの感想

相変わらず綺麗な彼女も、気付けば30歳なんで、このたびの結婚も仕方ない(って言い方もおかしいですが笑)のかな~って気がするけど、それにしても夫のトーマス・サドスキーさんがうらやましいな~。

こんな美人を嫁にもらえて、かつ自身も結構かっこいい感じの俳優さんで、お金をがっぽり稼いでるわけですから。
(知名度からいって、きっと妻の年収のほうが上でしょうけど。)