管理人のねこです。

さっきチラッと耳にしたけど、西武の十亀選手が結婚したらしいですね。

Sponsored Link

最近ドラフト会議があったってこともあってか、野球っていうスポーツ全般に対して、みんなの興味が高い時期だと思うんで、そういう中でこういうおめでたい知らせっていうのは、より一層興味深いんじゃないかって思いました。

ちなみに、彼は28歳、結婚相手の女性は24歳の商社勤務の女性で、なんと「遠距離恋愛」だそうです。

  • うちの彼氏と遠距離恋愛なんだよね~

って、いかにもその辺の女子大生とかOLさんたちが、半分悩まし気に、半分自慢げにぼそっと言ってそうだけど、物理的な距離と精神的な距離の相関って絶対あると思うし、友達とかでも、遠くに引っ越したり海外に行っちゃったりすると、連絡は続いたとしても、一番の友達から、お互いに格下げになってしまうってのが現実だと思うんで、そういう中、この遠距離恋愛を成就させるなんて、すっごいな~って思いました。

いや~、お相手の女性はどんな人なんだろうか・・・めっちゃ美人なんだろうな~きっと。
(ちなみに「かわいい」、「美人な」ってのは、北海道の人は「めんこい」って言います。全国的に有名な方言なので、きっと北海道のことが嫌いな人でも知ってる人は多いでしょうが。)

さて、でまた思いっきり脱線したけど、今日の本題はこれからで、なんの話かっていうと、こないだ放送だった菅野美穂さんの砂の塔の第二話に関して!

演技面でもストーリー面でも、見てて第一話と同様かなり惹きつけられるものがあったんで、

  • こりゃ最終回まで視聴確定だな~

って、管理人の中での思いがかなり強まった感じではあったのですが、ガンちゃんさん、松嶋菜々子さんの演技とかも気になる中、やっぱ2話でも印象的だったんが、横山めぐみさん!

最上階に住んでる、あのいや~な性格のママ友のボスの彼女ですね。

彼女自身の事は嫌いじゃないけど、演技であそこまでいや~な役をできるっていうのは、まさに女優としての彼女の演技力があるって証拠っだと思うし、それに加えてめっちゃ気になるのがシュンちゃん

彼女(横山めぐみさん)の家の長男役のおぼっちゃんの彼ですね。

この子です。

しゅんちゃんデブw
しゅんちゃんブサ!
しゅんちゃん ぶちゃいく(笑)
girlschannel.netより

ガルちゃんとか見てみても、やっぱこの子に対して

  • デブ
  • ブサい

っていう、かなり容赦ない本音が飛び出してる様子を垣間見ることができるわけですが、やっぱそうなると気になってくるのは、

  • このシュンちゃん役の太った子役は誰?

ってことなわけです。

どっかで見たことがあるような気がするけど、でも名前が出てこないんで、ちょいと名前を確認してみることにしました。

Sponsored Link

こんなことが書いてあるよ♪

小山春朋くんか~

ほい、でさっそく砂の塔の公式サイトの相関図とか、Wikipediaを見てみたけど、なんとわき役なので、出演者一覧にカバーされてないではないですか!

ってことでしょうがないので

  • 砂の塔 シュンちゃん 子役
  • 砂の塔 最上階 子供
  • 砂の塔 横山めぐみの息子

とかで頑張って検索してみた結果・・・

しゅんちゃん、ママゴトに出てるタイジだ!
girlschannel.netより

ガルちゃんに上記記載を発見!

あら~、ガルちゃんってなんて便利なんでしょうね。
(ツイッターばりに有難さを感じた瞬間)

ママゴトって、チェックしたことないドラマだけど、その出演者ってことなら、子役の名前もわかりそうだな~って思いつつ、引き続き「ママゴト タイジ 子役」とかでも検索してみたら・・・

スナックのママ・映子(安藤サクラ)と、彼女のもとに無理矢理預けられた幼児・タイジ(小山春朋)。
www.nhk.or.jpより

こんなんを発見!

はい、小山春朋くんいただきました!

なんでも、これまで

  • まれ
  • ママゴト
  • 勇者ヨシヒコ

って言った、比較的話題作の作品にも子役として登場した経験があるそうで、佐藤二朗さん(仏)と顔がそっくりってこともあってか、

  • 仏の子供

役としても登場した経験のある、なかなかの子役ってことらしいんで、これは面白いなって思いました。

うん、リアル親子ばりに似てますね、こりゃ笑

この子将来的にもっと売れるだろうな~。

 

ねこの感想

「天才子役」って呼ばれる人たちが多い昨今なので、みな無意識的に

  • 天使のようにかわいくて
  • 大人顔負けの演技力で

っていう要素をひたすら追い求めてしまうであろう中、「ブサい」って言っちゃったらあれだけど、それらとは明らかに違う方向にいく、こういう小山春朋くんみたいな子役って、存在感って意味ではすごいものがあると思うし、この子はこのドラマをきっかけに、もっともっと大成してほしいなって思ってます。
(現状Wikipediaがないようなので、とりあえずそれができるくらいには売れてほしいところですね♪)