管理人のねこです。

砂の塔の第4話(かなたしか)を見てたら、ギリアドって会社のC型肝炎のCMが流れてました。

Sponsored Link

「C型肝炎のない明日へ」のCMの内容自体は普通だけど、BGMの歌が・・・

内容的には割と普通のCMだし、特にインパクトも強いわけではないのですが、またBGMエディットピアフの愛の讃歌が流れてるではないですか!

>ギリアド C型肝炎のない明日へのCM動画<
(Youtubeに公式動画がなかったため、公式サイトの動画です。)

この曲、名曲なんでわかるけど、CMを見てると、少なくとも年に2~3回はどっかのCMで使用されてるし、ほんとよく耳にするんですよね~。

で、見てて相変わらずいい曲だな~って感じつつ、実はこの曲のタイトルを知らない人が結構いるってことを思い出したんですよね。

ちょっと前の、どっかのチョコレートかなんかのCMでも(ちょっと商品名思い出せませんが)この曲が使われてたことがあり、曲名を知らない同僚がいたりしてちょっとびっくりしたことがあるくらいなので。

  • え、愛の讃歌知らないのかよ・・・

みたいな。

なんで、今日はこの曲について書いてみることにしました。

Sponsored Link

C型肝炎のない明日へのBGMの曲名は「愛の讃歌」

で、既に書いちゃってますが、この曲は、フランスのシャンソン歌手のエディットピアフって人の愛の讃歌っていう曲になります。

有名な曲なんで、「聞いたことはあるけど、タイトルが・・・」みたいな人も、結構いると思いますが、実は日本では、元宝塚のシャンソン歌手である越路吹雪さんがこの曲の日本語バージョンを歌ってるのも結構有名だったりするっていう・・・
(あと、紅白かなんかで、美輪明宏さんが歌ってるのも見ましたね。)

や~、これも久々見たけど、この方の声も美しいな~♪

元宝塚の男役トップスターってこともあってか、低音の部分とかもしっかりしてると思うし、さすが一流の歌手だなって思って、思わず見入ってしまいました。

こういう歌謡曲とかって、「これはこの人の曲」ってしたいのはわかるけど、やっぱいい曲はいろんな人に歌われるべきだって思いますね、はい。

 

最近たくさんこの曲を耳にするのは、もしかしたら著作権が原因なのかも

それにしても、この曲最近ほんといろんなCMで耳にするよな~って感じなのですが、ふと気になったのが著作権について。

日本のCDのみならず、海外の楽曲とか映画とかにも著作権っていうのは存在して(日本でいうと、手塚治虫さんとかは最たる例ですね)、たしか50年だか70年だかは守られないといけないって聞いた気がするんだけど、そのあたり大丈夫なんだろうか?ってのが、気になったわけなのです。

エディットピアフは90年代半ばの歌手なので、確かに50年は経ってそうな気がするけど、本当にこんなCMでじゃんじゃん使っちゃって大丈夫なの?

って気がしたんで、法律は苦手だけど、ちょいとその辺も確認してみることにしました。
(まぁこんだけ堂々といろんな会社がCMで使いまくってて、著作権に問題があるわけないんですが笑)

著作物の種類 保護期間
実名(周知の変名を含む)の著作物 死後50年
無名・変名の著作物 公表後50年
(死後50年経過が明らかであれば、そのときまで)

www.cric.or.jpより

で、軽く法律を調べてみたら、やっぱ著作者の死後50年までっていうのが原則みたいですね。

出生名 Édith Giovanna Gassion
別名 “ Piaf ”
生誕 1915年12月19日
出身地 パリ・Belleville
死没 1963年10月11日(満47歳没)フランスの旗 フランス・リヴィエラ・Plascassier
ジャンル シャンソン
職業 歌手・作詞家
活動期間 1935年-1963年
Wikipediaより

エディットピアフさんのプロフィールによると、彼女の没年は1963年なので、2014年くらいから著作権縛りが解放された計算になるではないですか!

  • え、ってことは、2013年以前はこの愛の讃歌が日本のCMで使われてるってことはなかったのか・・・。言われてみればそんな気もするけど、でも流れてたような気も・・・

って感じはするけど、今現在この曲をCMで流しても著作権違反にはならないってことはわかりましたわ。

 

ねこの感想

自分の家族とかがこういう偉大な曲を遺した人であるなら、やっぱ勝手に使われて

  • 何勝手に使ってるの!

って気がするのはすっごくわかるので、この著作権縛りっていう法律はあってしかるべきものではあると思います。

ただ、名曲をしばらく置いておかなければならないっていうのは、一般の人の立場からしてみると、なんとも歯がゆいものを感じるっていうのも事実ですからね。

いっそ、本人の目の黒いうちに、

  • 著作権だけいくらいくらで販売しますよ

とかってして、その権利をゲットできた人とか会社に限り、自由に使い放題とかって仕組みにすればいいのにって気もしますわ。