管理人のねこです。

吉井怜さんと山崎樹範さんが結婚したっていう話題を耳にしました。

Sponsored Link

失礼ながら、

ねこ
山崎樹範さんって誰だろ?

とかって一瞬思ってしまったけど、顔を見て誰だかわかりましたわ。

あの、Dr.コトー診療所とかにも出演してて、んで、アニメとかバラエティにも出てる彼ですね。

吉井怜さんが今34歳で彼が42歳ってことだから、8歳違いってことになるけど、これは彼女のファンとしてはうらやましいだろうな~。

門司(もんじ)健吾さんのこの意見には賛否両論ありそう・・・

で、ここからが本題なのですが、実はさっき、ジャンプの編集者が、また実写化作品を世に送り出そうとしてるっていう話を耳にしたんですよね。

ジャンプ編集者が明かす漫画実写化への想い
ヤフーニュースより

こちらですね。

編集者の名前は、門司(もんじ)健吾さん。

もちろん、連載されてる作品ごとに、複数の編集者がいるわけなので、「いち編集者」っていう立場ではあるんだろうけど、彼が現在担当してる作品が、「僕のヒーローアカデミア」(ヒロアカ)であり、その実写化をガチで考えててかなりアツい思いでいるってことらしいじゃないですか!

ねこ
漫画は漫画のままであってでこそしか表現できない世界観があるんだ!みたいな意見も、少なからずありそう。

 

この例に限らず、こういう話題っていうのは、これまでさんざん目にしてきてる立場としては、

  • 漫画外でも好きな作品が見れてラッキー!

っていう賛成意見と

  • いや、ヒロアカを実写化したらあかん!あれは漫画だからヒロアカなんだ!

みたいな、批判的な意見に分かれてくるっていうことは、管理人もよう理解してるわけではありますが、世間一般の反応はどうなんだろ?って思い、軽くチェックしてみたところ・・・

やっぱあんまり乗り気でない人が多いみたいですね。

ねこ
いや、管理人もぶっちゃけそんな一人ではあったんだが、こんなん知ったら逆にこの門司(もんじ)健吾さんのことを応援したくもなってきた気が・・・

Sponsored Link

父親外交官なんか・・・プロフィールや年齢は?

で、そうなると、この門司(もんじ)健吾さんがどんな人なんかってのがやっぱ気になるな~って思ったんで、確認してみようって思ったわけですが、残念ながら彼の名前で検索しても、Wikipediaがないですはないですか!

週刊少年ジャンプが、少年マガジンの第一党とは言えど、やっぱいち編集者だとそこまで知名度もないだろうし、ぶっちゃけ管理人なんかも、今さっきその名前を知ったような人ですからね。

まぁ、こりゃしょうがないですか。

なんで、地道にプロフィールを確認してみたところ・・・

1985年生まれ。
福岡県出身。
東京の大学を卒業後、 2009年に集英社に入社。
www.shueisha.co.jpより

上記の簡単なプロフィールを発見!

なるほど、福岡出身で、85年生まれってことは、30歳ちょいとかそのくらいか。

その後、東京の大学を出て、集英社に入社し、今に至るっていう経歴みたいだけど、

  • まぁ、こういう編集者ってそんなに歳くってない印象があるし、妥当って感じだよな~

とかって思ってたら、更にびっくりする情報を発見してしまったんだけど、それが何かっていうと父親

門司 健次郎(もんじ けんじろう、1952年9月22日 – )は日本の外交官。外務省広報文化交流部長を経て、駐カナダ特命全権大使。
息子の門司健吾は週刊少年ジャンプの編集者
Wikipediaより

2ちゃんで、

  • この人の父親、大物じゃん!

みたく噂されてるのを見て、ちょいと確認してみたら、上記門司健次郎さんの名前を発見してわけなんですが、なんとカナダの特命全権大使で、彼のリアル息子がこの門司(もんじ)健吾さんだっていうじゃないですか!

ねこ
や~、全然ジャンルの違う生き方をしてるけど、親子そろってすごいね~。

 

ねこの感想

ジャンプの場合、人気の少年雑誌ではあるものの、実写化ってなると、やっぱ儲けようとしてるような意図が、(実際にあるかどうかは別として、消費者目線だと)、少なからず感じられてしまう部分があるような気がするので、そういう意味でも、さっきのツイッターの人みたいな、乗り気でない人が多いんだろうな~って気はしました。

ただ、彼は経歴や生い立ちを見るからに、これからもっと大物になりそうな予感がプンプンしますね~♪