管理人のねこです。

 

なんか、今年の紅白では
AKBの出場者を、国民による
人気投票で決定するっていう

なかなか衝撃的で、
国民としては楽しく
メンバーとしてはたまらん
みたいな展開になってるわけですが、

こういうの聞くと年末なんだよな~
って改めて思うとともに、
やっぱ楽しみなのが福袋!

Sponsored Link

別に、無理に流行に乗ろうとしてる
ってわけではなくて、単に一度購入してみて
そのあまりにもびっくりするくらいの
安さに魅了されてしまったので、

以来この季節になると、
人気ブランドや個人的に好きなブランドの
新年の元旦の福袋情報
気になって気になって、仕方がないわけなのです。

 

2017年はGAP(ギャップ)かな~って思ってるんだよね

個人的に、2017年、アツいなって感じてる
ブランドはいくつかありますが、中でも特になのが
やっぱGAP(ギャップ)の福袋かなって思います。

 

子供服のみならず、メンズものもレディースものも、
見ててただただかっこいいし、それに、
意外に値段もリーズナブルでお買い得ですからね。

ねこ
リーズナブル=お買い得って意味だと思うけど、そこはまぁまぁまぁってことで笑

 

なんで、福袋もぜひチェックしてみたいって
感じではあるものの、残念ながら、これまで
GAP(ギャップ)の福袋って購入する機会が
なかったものだったんで、

ちょいと中身のネタバレとか、
購入者の声が気になるな~って思い
確認してみることにしました。

Sponsored Link

仕組みを知り、GAP(ギャップ)の福袋がもっとほしくなった!

 

 

で、2017年の福袋の購入者はまだいないわけなので、
昨年までの情報を見てみたけど、
中身のネタバレ的には

  • Vネックニット
  • トレーナー
  • ルームウェア
  • セーター

ってあたりが一般的な感じだったんで、

  • そういう冬物やスポカジ系が主流なんだな~

とかって思ってたらびっくり!

 

全然そういうことではなく、
実はこのGAP(ギャップ)の福袋には
ちょっとびっくりしちゃうような仕組みが
あるって言うじゃないですか!

 

たまたまツイッターで、
GAP(ギャップ)の福袋の関する
ツイートを見てたら知ったわけなのですが、
それがこちら!

 

なんと、

  • 福袋

でありながら、

  • 実はお客さんが好きな商品を詰め込み放題できる袋

だって言うじゃないですか!

 

該当商品は、過去情報だと、
30%OFFっていう、かなりの安値で
購入が可能ってことらしいけど、
これは確かにお買い得すぎる・・・。

ねこ
中身が何だかわからないのが「福袋」のはずなので、その意味で、既存の概念を覆してはいるけど・・・

 

料金の計算方法は、単純に30%引きってことなの?

ただ、そうなると、もう一点気になるのが
料金についてかなって思うわけです。

 

事前予約するってよりかは、
整理券のようなものが発行され、
んで、現場で実際に好きな商品を詰め放題して
30%OFFの値段で購入可能ってことだけど、

  • そんな整理券とか出してもらってて、ほんとにかかる料金はそれだけなのか?(ほかに手数料とか取られないか?)

ってのが、気になったので。

 

なんで、そのあたりもちょいと
確認してみたところ・・・

福袋(袋代金500円)+詰め込んだ分(30%)になります。

福袋用のオリジナルバッグ(有料¥500)に詰めたものが全て30%OFFで買えます。
店舗によってバッグ販売数が異なります。
200袋 or 100袋 or 50袋限定。
ヤフー知恵袋より

管理人の大好きな、
ヤフー知恵袋にも同じような
疑問を抱えた人からの質問が
既にある感じでした。

 

なるほどね~、
オリジナルバッグの値段が500円で、
それに入る範囲の商品を、30%OFFの
7がけの値段でゲットできるっていう
そういう感じってことですか。

 

まぁ、その500円くらいはしょうがないかな~
って感じではありますがそれよりも、
もっと気になったのは、そのオリジナルバッグの
個数に限度があるってことでしょうか。

 

各々の店舗の在庫が有限であることを考えれば
当然だけど、なんか人気ありそうだし、こりゃ
当日出撃する前に、あらかじめ
オリジナルバッグの個数を尋ねておく方が
懸命かもな~って気もしました。

ねこの感想

福袋っていう商品名でありながら、
もはややってることは、福袋ではなく
完全なる「詰め放題」だけど、
でも、いいと思います。

 

要は「消費者の需要」を満たせば、
なんでも売れるわけですから。

 

人気ブランドの商品を、好きな組み合わせで
70%の価格で購入できるっていうのは、
相当アツいと思うので、管理人も
今年の冬は挑戦してみるつもりです。