エアポッド
管理人のねこです。

 

ほんまでっかテレビを見てたら
喋り方がおかしい
経済評論家の先生が、

  • 20717年、地球温暖化が嘘であることがばれる

なんて予言をしてたけど
妙に説得力があって、
納得してしまいました。

Sponsored Link

トランプ氏の当選の影響で、
いい意味で、

  • 世の中にはびこる、嘘と真実

が、明確になってくればいいな~
って気もしてる次第なのですが、
最近の社会の変化で、個人的に
気になってるのがエアポッド

 

エアポッド
画像出典元:https://i0.wp.com/nethotnews.click/wp-content/uploads/2016/12/20161214-00000003-reut-000-1-view-320×204-1.jpg

 

これ、去年出てきたときは
いよいよびっくりしたんですよね。

 

まだアイフォン7は持ってないけど
あの人気を見てると、この

  • ワイヤレスなイヤホン

っていうのは、今後スマホのみならず
色んなところで品質改良されながら
もっと普及してくんだろうな~
って気がしてますが、

実はこのエアポッドに関して
ちょっと耳寄りな情報を
目にしたんですよね。

Sponsored Link

捜索アプリって、まさにこの商品の欠点を補う商品って感じだね

 

紛失しても平気?AirPodsの「捜索アプリ」が登場
news.line.meより

 

それがこちらの
エアポッド捜索アプリ

 

アイフォン自体もそうだけど、
こういう小さいものって、
そもそも紛失しやすいわけだし
加えてこの商品の良いところである

  • ワイヤレスであること

ってのは、裏を返すと、

  • 非常に紛失しやすい

っていう欠点っても
言えるわけですから。

 

 

アップルの公式サイトを見てみても、
未だに次の入荷まで6週かかるほどの
人気っぷりなんで、すごいな~って
思ってしまうものがあるけど、
その反面、誰もが感じる欠点が、この

  • 紛失しやすいこと
  • 紛失したら困ること

なので。

 

そういう中、そこを補う形で
こういうアプリが出てくるのは
当然な反面ありがたいって
思いますが、そうなると

  • エアポッド捜索アプリのアプリ名
  • 値段(有料か無料なのか)

ってあたりの詳細が
気になるな~って思ったわけです。

 

特に値段かな~。

 

これだけみんなの需要を満たしてる
ってことを考えれば、きっとタダで
ってわけにはいかないんだろうけど

少なくとも、エアポッド本体の
価格は超えないだろうな~なんて
気もするんで、その辺も含めて
ちょいと確認してみました。

 

 

そしたっけ、まずは
アプリ名に関しては上記の

  • Finder for Airpods

なるアプリを発見!

 

なるほど、たしかに
アプリの用途そのものって
感じの名前な気がしますが、
値段も気になるんで、続けて
確認してみました。

 

紛失した「AirPods」探知アプリ「Finder for Airpods」が登場した。価格は480円。 Bluetoothの強度を利用し、紛失した「AirPods」の位置を特定する仕組みになっている。
gori.meより

 

そしたっけ、480円との情報が!

 

まぁ、ちょいど妥当なところ
って感じがしますね。

 

 

ねこ
エアポッドの値段が16800円とかだったはずなんで、そう考えると、良心的って見方もあるかも!

 

 

使い方も至ってシンプルだね

 

使い方はシンプル。アプリを起動し、紛失したイヤピースを選択。手元にあるイヤピースを充電ケースの中にいれて消すを閉じ、アプリに従って周囲を探す。近ければ近いほどインジケーターが反応するようになっている。
gori.meより

 

そして、使い方も気になったんで
動画で確認してみたけど、これも
めっちゃシンプルではないですか!

 

英語なんで一瞬難しそうって思ったけど
要はただ、画面上で、紛失した
イヤピースを選択すると、まるで

  • ドラマとかで出てくる警察とかが使う盗聴器を探索するアレ

みたいな感じで、音が出る代わりに
針のようなものが触れるっていう
仕組みってことですか。

 

 

ねこ
原理は想像もつかないけど、とにかくすごいハイテクってことっだけはわかりました。

 

 

ねこの感想

逆に、なんでエアポッドの発売から
ちょっと遅らせてのリリースに
なったんだろ?って気がするくらい
利用される側としてはメリットが
ある商品なんで、

有料でちょっとお金がかかるってのは
気になりはするけど、
ナイスなアプリだな~って思いました。

 

管理人もはやく、エアポッドを
使う側の人間になりたいものです。