来週の、徹子の部屋のゲストを予習してたらびっくり!

なんとわたしも大大大好きな、あの俳優の綿引 勝彦(わたびき かつひこ)さんの名前があるではないですか!

Sponsored Link

3月10日(木)
綿引勝彦(わたびき かつひこ)
www.tv-asahi.co.jpより

「太陽に吠えろ」シリーズとか、水戸黄門シリーズ、月曜ゴールデン等で有名な彼ですね。
(あと、昔のNHKの態がドラマでも)

正直世代じゃない私ですら、彼の偉大さは知ってて、こうやって最近の作品でもしばしば目にするくらいの大俳優さんだから、そういう人が、芝居の外で(ドラマ等の収録ではなく、こういう徹子の部屋みたいに、演じる必要のない一般の番組で)どういうキャラで、どういうしゃべり方で、どういう受け答え等するのかっていうのは、興味を持つなって言う方が無理な話でしょうからね笑

こりゃ、水曜ゲストの吉行和子さんと同様、超必見だな~って感じた次第なわけなのですが、そういやわたし、綿引勝彦さんっていったら、ずっと前々から気になってたことがあったんですよね。

 

それは、結婚した嫁さんのこと!!

そう、なんとかっていう女優さん(舞台専門の女優さん?)と、随分前に結婚して以来、かなりのおしどり夫婦でやってきたってことでも、彼って有名だったりすると思うんですが、実際こうやって思い出そうとしても、ちょっと名前が出てきませんからね・・・笑

まぁ、現在70歳の綿引勝彦さんの嫁さんってことは、普通に考えて彼女もかなりお年を召してるとは思うんですが、名前や年齢、あと顔画像等確認したいな~って、ずっと思いながらできずにいて、ちょうどよい機会だと感じたので、まずは綿引勝彦さんのWikipediaで、結婚や妻まわりに関する記載を探してみることにしました。

私生活では樫山文枝と結婚しており、おしどり夫婦としても有名。
配偶者 樫山文枝
Wikipediaより

ほい、そしたっけ、こんな記載を発見!

あ、そうだ、樫山 文枝(かしやま ふみえ)さんだ!
(この人の名前は、これまで「綿引勝彦さんの妻」としてたびたび目にしたことがあったんですが、樫山(かしやま)って苗字がどうも覚えられない・・・)

しかも、Wikipediaに「おしどり夫婦」っていう記載があるとは・・・(これ、なかなか目にすることができないと思います笑)

きっと、相当仲いい夫婦ってことなんだろうけど、この樫山文枝さんって人は、いったいいくつでどんな顔の人なんだろ?っってのを確認するために、ちょいとヤフーの人物検索に、この「樫山文枝」って名前を入れて検索してみました。

>樫山文枝さんの画像&プロフィール<

誕生日1941年8月13日
talent.yahoo.co.jpより

ほい、そしたっけ、普通にこんなプロフィールや画像等を発見!

1941年生まれってことは・・・今年の夏で75歳じゃないですか!

うわ~、夫の綿引勝彦さんより年上なんだ(゜o゜;

の割には、顔画像見てると随分若く見えるから、さっすが女優さんだな~って思うとともに、わたしもこういう「おしどり老夫婦」になれるパートナー(すなわち嫁)がほしいな~って、なんか羨ましくなってしまうものがありましたわ。

Sponsored Link

所属の劇団や事務所は一緒なの?

「うん、いいね~、こういう綺麗な奥さんとずっと仲良しっていうのは~♪」なんて思いつつ、わたし的にあと1点気になったんが、この嫁の樫山文枝さんや、綿引勝彦さんの現在所属してる劇団や事務所について。

「結婚してウン十年、事務所もずっと一緒のところでやってきたのかな?」なんて思いながら、確認してみると・・

劇団綿帽子主宰
日本大学藝術学部に入学するも中退し、劇団民藝に入団。
劇団民藝在籍中に、女優で現在も民藝に在籍している樫山文枝と結婚
Wikipediaより

綿引勝彦さんのWikipediaに、こんな記載を発見!

うん、つまり、2人のなれそめっていうか、出会いとしては、劇団民藝がきっかけだったけど、奥さんの樫山文枝さんは今も変わらず劇団民藝に所属し続けてるのに対し、綿引勝彦さんは、現在は劇団「綿帽子」なる劇団の主宰っていう立場になったってことですね。

>劇団民藝のWikipedia(樫山文枝さんの名前は「主な劇団員」のところにあり、綿引勝彦さんの名前は「過去に所属していた俳優」の部分に)<

いや~、そういや同じ劇団に所属する劇団員どおしが付き合ったり結婚するっていう事例も、かなり多く目にする気がするけど、きっと彼らも現役時代は今よりもっとラブラブな感じで、愛を育んできたんだろうな~。

なんか男性のわたしでも、こういうおしどり夫婦っぷりを多分に感じさせる記載等目にすると、すっごく羨ましい物を感じましたわ。

きっと徹子の部屋で、そのへんののろけ話をされることはまずないだろうけど、でも次回の放送、楽しみに視聴したいと思います!