朝起きて、産経ニュースを眺めてたら、「あ、これ結構アツいかも・・」って話題を発見してしまいました。

次期中国大使、久々のチャイナスクール起用 横井裕駐トルコ大使、情報収集力に期待
www.sankei.comより

Sponsored Link

ほい、それがこちら。

まぁ、見ての通り、次の中国大使に、現トルコ大使の横井 裕(よこい ゆたか)氏が選ばれましたよっていう、そういう話題なのですが、わたしも各国の日本人大使に対して、そんなに詳しくないものの、この横井裕さんの名前はかなり目にするし、いかにもやり手って感じがするので、「こりゃ彼が、今後日中関係を良好にするために一役買ってくれるかも・・・」なんて、かなり期待してしまった次第でした!(しかも、ただのベテランってだけでなく、チャイナスクールの外交官ってことですし!)

 

55年生まれってことは61歳か(゜o゜;顔も渋いな~♪

先のニュースサイトには、この横井裕氏の顔画像が掲載されてなかったんで、ちょいと確認してみようと思い、「横井裕」で検索してみたところ、Wikipediaが見つかったんで、先に見てみましたが、年齢(っていうか生誕年)の記載を見つけてびっくり!

1955年(昭和30年)1月10日 –
Wikipediaより

そう、1955年の1月生まれってことは、もう61歳ですもんね・・・。

え、一般の企業だったらもう退職してる年齢じゃん・・・。

そんなふうに思いながら、還暦を過ぎてもこうやって国のために貢献しようとしてくれてる人がいるってすばらしいな~なんて感じつつ、肝心の画像を探してみたわけですが、

>横井裕さんの画像<

こんなプロフィール画像を発見してびっくり!

うわ~、まずは若い

実際に若い時の写真も含まれてるんだろうけど、61歳には見えないし、頭とかみると白髪は混じってるものの、まだいきいきとしてて、何か「覇気」のようなものを感じるし、さすがは60歳を過ぎても大使の仕事をやるだけのことはあるなって思いました。

あとは、大使ってよりかは、政治家っぽいかなって気がしました。
(あくまで画像を見た感想ですが)

総理大臣とか、衆議院議員で、こういう人、よく目にしますもんね笑

まぁ、「政治」ってくくりでは、議員も大使も一緒だし、こういう「日本人っぽくて政治慣れしてそう」って雰囲気の人が、外交を担当するのが、きっとベストっていう、国側の判断もあったりするんだろうな~なんて勘ぐってしまいました。
(いい意味で、「大使っぽい人」ではあると思うので、彼がやり手の大使で、名前を頻繁に見ることにも納得って感じがします。)

Sponsored Link

すっごい経歴や学歴だな(^O^;)

「いや~、すごいな~」なんて思いつつ、彼がこの度トルコ大使→中国大使に異動になる前の経歴(職歴)や、学歴も、簡単に確認したいって思ったんですよね。

富山県出身。1978年(昭和53年)10月、外務公務員採用上級試験に合格する。1979年(昭和54年)、東京大学教養学部教養学科を卒業し、外務省に入省した。中国語研修を受けたチャイナ・スクール
Wikipediaより

で、学歴に関しては、上記の記載を見つけたわけなんですが、東大卒で、しかも在学中に外務公務員採用上級試験に合格してて、しかもそっからの外務省入省とか、「絵に描いたような高学歴、高キャリア」過ぎてビビりました・・・笑

こういう外交官とか大使って、やったら高学歴なんで、このくらい予期してはいたけど、それにしても見てて華々しいものがありますね・・・汗
(ちなみに、「チャイナ・スクール」ってのは、「中国の学校を出た」って意味ではなく、「中国語の研修を受けた外交官です」って意味らしいです。)

>横井裕の詳細な経歴<

あと、彼の外交官としての経歴もWikipediaに記載がありましたが、ちょっと書ききれないので、詳細は上記を参照ください。

簡潔に言うと、トルコの前にはアメリカや中国、あるいはアジアの大使館での勤務歴が20年程度あるみたいですが、やっぱこれだけベテランだと、国側からも大使館側からも、あるいは他国や他国の大使館側からもすっごい需要のある人なんだろうな~。
(彼の年収等は不明ですが、きっとすごい額なことでしょう・・笑)

こういう偉大な人がいることを嬉しく思うとともに、なんかすっごい学歴や経歴を見て「すごいな~、うらやましいな~」っても感じてしまった次第でした。